2007年06月17日

テクニカル分析入門

約20のテクニカル分析の手法を簡潔に紹介していて、すごく分かりやすい本でした。

ところどころに出てくる田中さんの思想が面白く、そんなことも考えるのか、と感銘を受けました。





書名  :テクニカル分析入門
著者  :田中勝博
出版社 :日本経済新聞社
読む目的:テクニカル分析の基本項目を確認する。
ページ数:169
所要期間:2日間

『心に響いた言葉/文面は本文より引用・編集』
・トレンドは見る。サイクルは読む。
・トレンドは誰が見ても一致する相場の大きな流れであり、読むものではありません。
・トレンドとサイクルの動きが一致しているときが、リスクが小さく、またチャンスである。
・投資家は、投資先の事業からの収益を期待し、投機家は、株価からの収益を期待しているのです。


posted by アキちゃん at 09:52| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。