2008年08月14日

FXファンド はじめ方・儲け方

最近何人かの方から、この本について問い合わせを受けました。

今後も聞かれそうなので、読んでみることにしました。

本の題名からしてかなり怪しいな、と思って読んでみましたが、
内容は以外とまともなことが書いてありました。

FX自動売買研究会というところが出しています。
http://www.autotrade-fx.org/index.htm

この本で言うFXファンドとは、FXCMニューヨークなど海外のFX会社に口座を開き、そのFX会社と提携している運用会社にその口座の売買を委託するという内容です。

投資信託のようなものですが、FXだけに、パフォーマンスが年率50%を超えるものが沢山あるのが特徴です。

面白そうなので、試しにFXCM-NYに口座を開き、FXCMが提供する
FXCM Short-Term オポチュニティ・アグレッシブプログラム
で運用してみることにしました。

口座開設は、基本英語ですが、FXCM-NYはジャパンデスクがあるので、英語でのメールの後に、日本語で翻訳したメールがくるので、手続きはスムーズにできました。ジャパンデスクはありますが、全く英語ができない人は少し辛いかなという感じです。

FXCM Short-Term オポチュニティ・アグレッシブプログラムについては、以下サイトに詳細が記載されています。
http://www.autotrade-fx.org/fxcm_sentiment/index.html

2008年3月から運用して、7月までで18.89%のパフォーマンスをだしています。
※成功報酬控除前。管理費控除後。

気になる手数料ですが、

1 マネジメント・フィー(管理費)=0.1667%/月(2%/年)
毎月証拠金に対して、月換算した0.1667%が差し引かれます)

2 月次成功報酬費
=前月までの最高値から増えた金額に対する20%

ということで、開始するのに必要な手数料はありません。
必要なのは証拠金だけでした。

最近出回っている自動売買ソフトは、登録料やレンタル料で何十万円というお金が、儲かっても、儲からなくてもとられていくので、FXファンドは、成功報酬の比率が高くていいなと思いました。

このプログラムは、円建て、ユーロ建て、ドル建てを選ぶことができ、円建てなら日本国内の香港上海銀行への振込で入金できるので便利です。
※ユーロ建て、ドル建ては海外送金やクレジット入金など。

他にも何社か面白そうなファンドがあったので、2,3やってみようと思います。中にはFXだけでなく、金先物やS&Pに分散投資するものもあるようです。

今後どうなるか楽しみです☆





書名  :FXファンド はじめ方・儲け方
著者  :千田 育&FX自動売買ファンド研究会
出版社 :アールズ出版
読む目的:FXファンドの有効性を検討する。
ページ数:174
所要期間:2日


posted by アキちゃん at 07:46| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 読んだFX本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。