2009年01月29日

【来週末!】FXテクニカル分析入門〜売買サイン特集〜

いよいよ来週末に今年初めのFXセミナーが迫ってきました。

今回は、「テクニカル分析入門〜売買サイン特集〜」ということで、 なんと8か月ぶりに実施します。

売買サインを紹介し続ける、といった内容で、前回と比べ、売買サインに特化しています。限られた時間でどこまでできるかな?

どうなるか今から楽しみです☆

ご興味のある方はご参加ください。


詳細、お申し込みは、FXサークルSurgeのHPか、 以下紹介文よりお願いいたします。

「FXサークルSurgeのHP」
http://fxsurge.seesaa.net/article/113335770.html


「紹介文」
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

FXテクニカル分析を勉強したいけど証券会社のFXセミナーは勧誘されそうで怖い・・・

メンタルや資金管理が大事なのはわかるけど、実践的な売買サインを教えてほしい・・・

そんな方のために、FXサークルSurgeでは、2月8日(日)に独立系FPによるFXセミナーを行います。

金融機関に属さない独立系FPならではの、客観的で信頼できるお話しが聞けます。

テーマは、
「FXテクニカル分析入門〜売買サイン特集〜」

講師は、ファイナンシャルプランナーの森川晃行先生です。

◎お申し込みはこちらから↓
https://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P66763563

森川先生は、関西を中心にFX専門の独立系ファイナンシャルプランナーとして活動されており、FXでの成功により、一時セミリタイアされた方です。現在はFXで得られた知識を皆様と分かち合いたい!という思いで独立系FPとして活動されています。

今回のセミナーは、こんな方に向いています。

●メンタルや資金管理が大事なのはわかるけど、実践的な売買サインを知りたい方。
●テクニカル分析の基礎を学びたい方。
●テクニカル指標の意味や使い方を知りたい方。
●どんな売買サインがあるか知りたい方。
●トレードで利益を上げたい方。
●独立系FPの公平な意見を聞きたい方。

◎お申し込みはこちらから↓
https://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P66763563

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【テーマ】
「FXテクニカル分析入門〜売買サイン特集〜」

【日時】
平成20年2月8日(日) 13:30 〜 16:30(受付開始13:20)

【場所】
六甲道勤労市民センター 会議室B
神戸市灘区深田町4丁目1番39号 メイン六甲Aビル5階

地図1 → http://tinyurl.com/2c2q6p
地図2 → http://tinyurl.com/3c8roh

【アクセス】
JR/六甲道駅南接0分(大阪から快速22分、三ノ宮から快速4分)
阪急/六甲駅から南へ歩いて8分
阪神/新在家駅から北へ歩いて6分

【講師】
ファイナンシャルプランナー(1級ファイナンシャル・プランニング技能士)
森川 晃行
 
【定員】
会場の都合で12名限定

【参加費/当日徴収】
・7,000円 一般価格
・5,000円 Surgeシルバー会員価格、紹介価格
・4,000円 Surgeゴールド会員価格
・2,000円 Surgeプラチナ会員価格

※Surgeシルバー会員:申込書に記入し、会費3,000円を払った方。
※Surgeゴールド会員:会員で、Surgeに3回参加した方。
※Surgeプラチナ会員:会員で、Surgeに10回参加した方。

※紹介された場合は、備考欄に紹介者のお名前をお書きください。
※紹介による割引は一回のみとなっています。

【セミナー参加者スペシャル特典】
<特典1> 満足返金保証・・・参加された全ての方に満足をしていただくことを目指しております。もし仮に、本セミナーを受講し終わったときに受講料分の価値を全く創出できないと思われた場合には、お支払いただいた金額をその場で全額返金いたします。その際に満足いただけなかった理由等を問いただすことは一切ありません。

<特典2> 90分カウンセリング割引権(希望者全員)・・・通常、森川先生のカウンセリングは90分15,000円必要ですが、今回参加された方は特別に20%OFFの12,000円(その他条件により更に割引)にてカウンセリングをお受けいただけます。

●カウンセリングの詳細はこちら
⇒ http://tinyurl.com/4eor8j

●カウンセリング経験者の声はこちら
⇒ http://tinyurl.com/3oyv32

<特典3> Surge参加者限定メーリングリスト参加権・・・あなたをサポートするMLに参加可能です。セミナー終了後も参加者同士の交流・情報交換の場にお使いください。

◎お申し込みはこちらから↓
https://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P66763563

【スケジュール】
13:30〜14:00 参加者、講師の簡単な自己紹介。
14:00〜15:00 FXセミナー前半。
       −テクニカル分析の基礎、など。
15:00〜15:15 休憩。各自情報交換。質問など。
15:15〜16:15 FXセミナー後半。
       −テクニカル指標の紹介、など。
16:15〜16:30 アンケート。各自情報交換。質問など。

【セミナー内容一部抜粋】
・テクニカル分析の基礎。
・テクニカル指標、売買サインの紹介。
・講師のお勧め売買サイン。

【セミナー参加者の声/公開の了承を得られたもの】
・2008年6月『FXテクニカル分析入門〜チャート売買のやり方、テクニカル指標の見方〜』
⇒ http://fxsurge.seesaa.net/article/99690154.html

※URLをクリックすると参加者の声を見れます。
※今回のセミナーは、これらのセミナーをもとに、大幅に改良を加えています。

【セミナーに参加した後、あなたは・・・】
●FXテクニカル分析の基礎知識が身につきます。
●数多くの売買サインを知ることができます。
●講師がオススメの売買サインが分かります。
●思う存分、FXについて話せる仲間が見つかります。
●カウンセリングを割引価格で受けられます。
●満足できなかったら、その場で参加料を全額返金してもらえます。
●Surge参加者限定メーリングリストで、参加者同士で継続的に意見・情報交換できます。

◎お申し込みはこちらから
https://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P66763563

【講師プロフィール】
森川 晃行(もりかわ あきゆき)
 FP事務所 FXライフプランニング 代表
 ファイナンシャルプランナー
  (1級ファイナンシャル・プランニング技能士)
 名古屋大学大学院 工学研究科卒業(工学修士)後、大手スポーツメーカーの研究所に勤務、シューズ材料の研究開発に携わる。在職中に、FXを学び、分かち合う場を提供したいと考え、妻とともにFXサークルSurgeを立ち上げる。その後FX投資に成功し、会社を退職、一時セミリタイアする。セミリアイア中に大好きなことをライフワークにしたいと考えるようになり、勉強、FX、お金の皮算用、人前で話すことが大好きなので、これらを全て満たすFPとして活動を始める。
 現在は、『個人投資家の経済面からの夢の実現をサポートする』というという使命のもと、FX専門の独立系FPとして、個人投資家やFPを対象に、セミナー講師、FXのカウンセラーとして活動中。日本FP協会認定のFP向け継続教育研修でFXセミナーの講師を務めるなど、幅広く活動している。独自の理論に基づいたFX運用法には定評がある。

【Surgeについて】
 FXサークルSurgeは、『会社では気軽に話せないFXや投資について、思う存分話し、情報交換ができる場を提供したい』、という想いで設立されました。
 参加された皆様は、自分の考えが整理、共有できて幸せそうです。また、セミナーや他の方の意見を聞いたりしているうちに皆さんがレベルアップし、皆さんの夢が実現していってます。
  はじめての方も、実際にFXをしている方に出会えるチャンスです。  是非お越しください。

FXサークルSurgeのHPはこちら → http://fxsurge.seesaa.net/

【参加者について】
Surgeには、今までこんな方が参加されてます。
年齢層:20代〜60代
男女比:半々くらい
FX経験:ゼロ、はじめて〜4年以上
    ※はじめての人と経験者の比率は半々くらいです。
投資歴:ゼロ、はじめて〜20年以上
    ※はじめての人と経験者の比率は半々くらいです。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

追伸:
次回FXテクニカル分析セミナーをするのは未定(今回は8か月ぶり)です。この機会を逃さず、テクニカル分析を勉強して自分のトレードへ活かしませんか?

◎お申し込みはこちらから↓
https://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P66763563



続きを読む
posted by アキちゃん at 23:59| 兵庫 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月25日

来週の為替相場展望

アキちゃんです。こんばんは!

先週はオバマ大統領就任後、
円高が進みましたね。

しかし下ひげが3本続くなど、
買い圧力はまだありそうです。

ただ12月の安値を割れてしまった
通貨もあるので、一気に円高が進む可能性もあります。

一目均衡表を見ていると、少し先に雲が薄くなっている
通貨が何個かでてきています。ここを抜けて上昇していくかもしれませんね。

USDJPY、AUDJPY、NZDJPY、ZARJPYなどです。

EURやGBPなど欧州系通貨はまだ売られそうな感じです。

来週は、方向感を探る展開になりそうです。

来週もFXを楽しみましょう!



続きを読む
posted by アキちゃん at 18:04| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月22日

外国為替トレード勝利の方程式

この本は、15年間無敗の元為替ディーラーの今井雅人さんが書きました。

一言で、『深い』内容です。

そうそう、と共感するところが沢山ありました。


ツキに関する表現が面白かったです。

『ツイてないときはやらないか小さく負けることに専念する。
ツイてる時にガンガン攻めるというのが大事ですね。』

マージャンみたいですが、確かにそうだなと思いました。

『もうすでに遅いなと思ったら、 その時点で潔く仕掛けるのを諦めること』

『人為的なミスを犯してしまったと思ったときは、その時点でトレードを止めることが大切だ。もしトレードを続けていようものなら、運はどんどん逃げていく。』

『儲かっているのに、ある時点でそれ以上儲からなくなる。そのようなときは、いったんトレードを止めてみるといい。』

というのは、今の自分に必要な言葉だなと実感しました。

日々のトレードに活かしていきます。





書名  :外国為替トレード勝利の方程式
  著者  :今井雅人
出版社 :日本実業出版社
  読む目的:トレード技術を高める
ページ数:246
所要期間:3日


『心に響いた言葉/文面は本文より引用・編集』
・ゲームに勝つにはルールや参加者の特徴を把握したうえで、勝つための技術を研究・実践する必要がある。
・ゲームで勝つための秘訣は2つ。まずは大負けしないこと。そして、勝てるときはとことん勝つことである。
・とくに負けが込んでいる時は、大負けしないようにじっと耐えて、ツキが回復するのを待つ。そこで損失を回復しようとあせって、慣れないことに手を出してはならない。一旦休んで、次のチャンスがくるのを待てばいい。
・6勝4敗の中の、1勝で大半の儲けを稼ぎ、5勝は小さく勝ち、4敗はもっと小さく負ける、という程度でいい。
・相場が動く理由はたったひとつ。それは、『人がそう思うから動く』ということ。
・ファンダメンタルズによって方向性に理由がつけられる時に、テクニカルの形が一致すれば、経験上8割の確率で見通しが当たる。
・周りがどう反応するかを知り、後はスピードが勝負!
・私自身は東京の午前8時〜10時、午後3時〜7時、午後9時〜午前1時の時間帯を集中的に見るようにしていた。
・人は、ある現象が本格的に顕在化しない限り、なかなか行動を起こそうとしない。
・過去のドル相場を見ていると、幾度となく大相場を演じていることに気付くだろう。
・介入が始まって、マーケットにその効果が現れるまでの期間は、総じて見ると、数か月が経過してから反転するというケースが一般的である。
・基本的に、長期ポジションにはトレンドフォロー型が有効であり、逆に短期売買になればなるほど、逆バリ型が力を発揮する。
・市場はいつも同じだと思わないこと。周りの環境によっていつでも変化すること。
・市場が大きく変化するときは、必ずといっていいほど予兆があること。
・ファンダメンタルズが大きな転換点を迎えたときは、言いかえれば、ファンダメンタルズに基づく方向性に”確信”があるときには、勝手に相場がどんどん動いていくのである。
・ネガティブ・インジケーターになる人というのは、『きわめて常識的で、普通の感覚を持っている人』が多い。
・必要な情報は、大きく2つの種類に分かれる。
@マーケットの今を知るための情報。
A実際にマーケットでの取引に参加している人たちが発信している情報。
・きちんと市場のことを理解している人が、いま何を考え、次にどういう行動を起こそうと考えているのかという情報に触れない限り、自分自身で相場の動向を予測することなどできないと考えていいだろう。
・大きく儲けるためには、他の誰よりも早めにアクションを起こし、他の人間がそれに気づいて動き始めたら、静かにポジションを閉じて行き、利益を確定させることが肝心である。
・為替相場の予想は、せいぜいできても数か月先くらいまでと私は思っている。
・とくに私は、相場においては『入り口』が大切だと思っている。なぜなら、相場に入る前なら、客観的に状況をつかまえることができるからである。
・もうすでに遅いなと思ったら、その時点で潔く仕掛けるのを諦めること。
・長期投資も短期投資も同じだが、大事なことは『やり過ぎない』こと。
・健康で、頭がスッキリしている状態でトレードに臨まないと、つまらない失敗で損失を被ることになる。
・人為的なミスを犯してしまったと思ったときは、その時点でトレードを止めることが大切だ。もしトレードを続けていようものなら、運はどんどん逃げていく。
・トレードの回数を増やしていけば、勝つにしても負けるにしても、偶然性を少なくできるのである。
・大きな金額が儲かる大相場は、20回トレードして1回あるかないかである。
・トレードをする前の準備、勉強、研究、これらにいかに時間をかけるかで、トレードが成功するか失敗するかが決まる。本当の意味で時間をかけなければならないのは、自分の考えを整理する時間なのだ。
・簡単な相場とは、ファンダメンタルズに主導された一本調子のトレンド相場である。
・休むという決断を下すことは、相場で勝つための最も重要なテクニックなのだ。
・勝利への道のりは、まずは成功者の真似をし、それを自分に合うようにアレンジし、あとは経験を重ねて自信をつけていくことだ。
・調子が悪い時には、まるでわざと自分のウラをかくように相場が動いているように思えることがある。しかし、そう思うこと自体、状況を客観的に見ることができなくなっている証拠である。
・負けたのはあくまでも自分が下手だからだ。負けるようなタイミングで売買を仕掛けたことが、負けにつながっている。
・統計的事実でいえば、相場で儲ける人は全体の2割程度に過ぎない。だとすれば、『多くの人がいま何を考え、どういうポジションをとっているのか』を、冷めた目で見ることも必要になる。
・私の経験上、ドル円の1回のトレンドの流れは3〜4か月、もっても6か月ぐらいだ。
・自分の運転がうまいと思っている人間がいちばん事故を起こす。
・儲かっているのに、ある時点でそれ以上儲からなくなる。そのようなときは、いったんトレードを止めてみるといい。
・自分の限界点を知るためには、その時点における自分の資金量もよく考えること。自分自身の性格だけではなく、金銭的にどれくらい余裕があるのかも、トレードに大きく影響するからだ。
・自分で得意なやり方を身に付け、自分がいつも立ち返るべき原点が確立すると、それが自分への自信につながっていく。
・結局、相場は人が動かしているものであり、動かす材料のひとつがファンダメンタルズで、そうした動きの結果がチャートに現れるというのが私の結論である。すべてが複合的につながっているのだ。
・@トレードに勝つときに大きく勝って、負ける時は小さくする。
・A簡単な相場で儲けて、むずかしい相場は捨てる。
・自分の調子がいいときは攻めて、調子が悪いときはやらない。



続きを読む
posted by アキちゃん at 15:05| 兵庫 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読んだFX本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月18日

来週の為替相場展望

アキちゃんです。こんばんは!

先週は一気に円高が進むと見せかけて、
週末には強く反発しましたね。

反発したポイントをよくみると、
12月までのダウントレンドのレジスタンスラインで
サポートされています。どうやら上抜けした後、
押し目をつけたようです。

来週は、円安基調が続くと考えています。
ファンダメンタル的にもオバマ大統領が就任するので、
円安要因になるかと思います。

来週もFXを楽しみましょう!



続きを読む
posted by アキちゃん at 22:45| 兵庫 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マネーの公理

この本は、かつてスイスの銀行界に身を置き、世界的にも名を知られた金融マフィアの一人を父に持ち、13歳で株式マーケットに参入し、財を成した、マックス・ギュンターさんが書きました。

この本は、賭けて勝つための本です。

一般的にいいと言われている分散投資や長期計画を真っ向から否定しています。

最近私も分散投資の効果については疑問に思っていました。逆相関の値動きの二つの商品を保有していると、平常時は確かに逆相関になるのですが、危機的な状況がおこると、両方とも暴落する傾向があります。一番大事なときにポートフォリオは効果を発揮できないと感じています。 むしろ、分散したことにより注意力が分散し、デメリットの方が大きいと思います。

『卵を一つの籠に盛るな』とよく言われますが、それよりも、『すべての卵を一つの籠に入れて、じっくり監視しろ』という方が相場では真理だと思います。

長期計画については、何が起こるかわからないリスクを許容しないといけないので、短期より綿密な計画と、度胸がいるなと感じていたので、この本の内容には共感しました。

トレードに関しては、『常に早すぎるほど早く利食え』というのはいいな、と思いました。ラリー・ウィリアムズも同じようなことを言っていました。

また、大衆の意見が一方向に傾いたときについて、一般的には大衆は間違っている、と言われていますが、この本では、『時として、群衆は間違うものだが、常に間違うというわけではない』となっており、より現実的な感じがしました。むやみな逆バリはよくないですね。

日々勉強です。





書名  :マネーの公理
  著者  :マックス・ギュンター
監訳者 :林 康史
訳者  :石川 由美子
出版社 :日経BP者
  読む目的:スイス銀行家の儲けのルールをトレードに応用する
ページ数:253
所要期間:3日


『心に響いた言葉/文面は本文より引用・編集』
・誰もが勝ちたいと考えているけれども、誰もが賭けたいと考えているわけではない。
・彼らは真正面からリスクに向い、それをどう管理するかを考えることによって、世界的な銀行家になったのだ。
・人生を生きる賢明な方法はリスクを回避することではなく、自らをあえてリスクにさらすことである。
・裕福な親戚がいない限り、大多数を占める貧乏人クラスから這い上がる唯一の方法は−あなたにとっては絶対唯一の希望−はリスクをとることである。
・勝てば、それは非常にすばらしいことだ。しかし、もし負けたとしても、それほど傷つきはしない。正しい行動であることは明らかだ。
・分散投資はリスクを低減するが、金持ちになるという希望も同じくらい減少させる。
・彼らの望みがより少ないものだったら、より多くを持って家に帰ることができた。
・『幸運を引き延ばすな』
・ピークがわからないなら、ピークがまだ先だと考えるのではなく、近いと考えなければいけない。
・あらかじめどれだけの利益が欲しいのかを決めておけ。そして、それを手に入れたら投機から手を引くのだ。
・うまくいっているポジションが新しく始まったポジションのように感じられる。
・投機の半分は、あらかじめ決めたゴールに達する前に、うまくいかなくなると考えていいだろう。
・『勝者になれたのは、どうやれば負けるかを学んだからだ』
・運が、どんなといも結果をコントロールする。だからこそ、そもそも予言者に聞くこと自体が疑問なのだ。
・人間模様は、どんな方法でも、誰にも、絶対に予測できない。
・すべての予測は、予想できない出来事が起こるリスクにさらされている。
・成功する投機家は、おそらく起こるであろうことについて行動したりせず、その代わり、起こったことに反応する。
・現時点で実際に起こりつつあると、目の当たりにすることができる出来事にすぐに反応すること。このことを基本に投機を考えるべきである。
・金融の問題を含め、人間に関することで秩序あるデザインを見出したと思った瞬間に、あなたは危険にさらされる。
・真実は、お金の世界にはパターンがなく、無秩序で混沌としているということだ。
・カオスのなかに何かが見えると主張する投資アドバイザーは、警戒すべきだということだ。秩序が見えると主張する投資アドバイザーほど信頼に値しない。
・どんな中途半端な金儲けの方法でも、あなたに運があればうまくいくだろう。けれども、あなたが不運なときは、どんな方法もうまくいかない。
・フランク・ヘンリーは、一度に一つのゲームだけするという彼女の決断を褒めた。
・両銘柄の相反する動きが過去に何回か起こったという事実は、それが将来にも起こることを暗示するものではないし、暗示するものとしてとらえるべきではなかった。
・連戦連勝を狙って儲けることができるような、規則的な方法はない。いつ来るか、どれだけ長く続くかを予測することはできない。
・数えきれないほどの投機家とギャンブラーが、勝ったままやめることができずに破産する。
・公理は、秩序が存在しないところに秩序を見つけるなと警告している。
・『さて、私はよく研究したし、やり方もわかっている。この賭けは私に勝利をもたらすだろう。でも、私は、勝敗を左右するランダムな出来事を予測することも、コントロールすることもできない。間違う可能性が大きいことも知っている。万が一、間違いが起こった時にすぐに対応ができるように、フットワークを軽くしておこう』
・投機の行動はすべて、勝算を慎重に評価してから実行されるべきで、つまらない理由で行動を起こしてはいけない。
・『直観は説明できるであれば信頼できる』
・直観を感じたら、最初にすべきことは、その直観を生み出すほど巨大なデータの図書館が、あなたの心の中に存在しているかどうか、自問することである。
・私の個人的なルールでは、自分が起こってほしいことが起こるという直観に対しては、常に懐疑的であれというものだ。
・彼の経験では、通常、即時の大金と確実な儲け話は罠であることが多かった。
・パターンに従うことによって市場に勝とうとするのなら、よほど幸運でなければ、やがて困難に陥り、おそらく破産することになるだろう。
・誰でも一度や二度は当たることがあるが、金儲けの方法について検証すべきことは、一貫して当たるかどうかである。
・すべての投資は結果を予想することができない。人間のすることに信頼できるパターンはない。どんな予測も信頼できない。
・お金を投資する前には、物事が悪い方向に進んだ場合に、自分をどう救うのかを自問すべきだ。
・デカルトは、自分自身で検証するまでは、何事も信じることを拒否した。これが、彼がギャンブラーや投機家として成功した理由の一つである。
・『私がこの決定を下すのは、それが賢い選択だからか、それとも皆が賢い選択だと言っているからなのか』
・時として、群衆は間違うものだが、常に間違うというわけではない。
・大切なことは、群衆とともに賭けようが、その反対に賭けようが、まず一人で十分に考えることである。
・ジョージとマーシャは計画に依存し過ぎていた。
・お金に関する限り、あなたが必要な唯一の長期計画は、金持ちになろうとする意思だけだ。
・来世紀のために私ができる唯一の準備と言えるようなものは、株式市場の勉強を続けることである。学ぶことと改善することを続けることだけである。
・あなたの投機対象や、それに影響を与える環境は、現時点では想像できない方向に変化している。計画に手足を絡めとられてはいけない。
・『その投資を、いま初めて行うとしても、同じようにお金を投じるだろうか?当初に設定した手仕舞いポイントに向かって、順調に価値をましているだろうか?』
・営業マンが求めているのは、狂った行為である。遠い遠い将来に向けて、毎年毎年、何千ドルも投資する約束である。そんな遠い将来において世の中がどう変わっているかなど、どうやって知ることができるだろうか。



続きを読む
posted by アキちゃん at 22:05| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読んだFX本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FXで稼ぐ人は、なぜ「1勝9敗」でも勝つのか?

この本は、元為替ディーラーの松田哲さんが書きました。

為替相場の特徴や、トレードをするにあたり大事なことが、とてもわかりやすい表現で書かれていました。

『不必要な負けを減らすこと』
『手を出さない勇気』

という2つの言葉が、今の自分にとって必要だと感じました。

日々勉強ですね。



書名  :FXで稼ぐ人は、なぜ「1勝9敗」でも勝つのか?
  著者  :松田 哲
出版社 :技術評論社
  読む目的:FX取引の戦略を強化する
ページ数:247
所要期間:2日


『心に響いた言葉/文面は本文より引用・編集』
・先々に起こることは、必ず、過去からの連動性・関連性がある、と考えています。ですから、過去の分析なくして、未来が読めるはずもないのです。
・確かに楽して儲かる有益な情報は、あるにはある。その代り、その情報を取得する過程が楽ではない。
・相場で、「買い方」が外れたら「売り方」が勝っている、と誰でも考えることでしょう。ところが、資金管理がうまくいかなくて、「売り方」も負けていた、といったことが往々にして起こっています。
・相場に”絶対”はないのですが、いい加減な売買では”絶対に”勝てないことも真実なのです。
・「相場は努力次第で、ある程度何とかなる」
・「勝率が異常に高い」=「損切りをしていない」あるいは「薄利決済」です。
・個人のトレーダーは、「長期や中期の見通し」を、目先の「短期戦略」に誤用してしまいがちです。
・ファンダメンタルズは、”中長期のトレンド”。チャートは、その”中長期のトレンド”を確認するためと、”短期的なポイント(具体的な為替レート)”がどこにあるのかを調べるために使う。
・相場での勝ちと負けのバランスを「2対1」もしくは、それ以上にすることによって、勝つ回数よりも負ける回数の方が多くなっても、トータルで見れば勝つことが可能になります。
・アナリストやチャーチストがポジションを取ると、分析の結果に、願望という影響が差し挟まれてしまうことになります。
・ですから、相場分析を本務とする立場の、いわゆる「プロ」は、ポジションを取ることをしません。
・他者がポジションを取っているのを見ていることと、自分がポジションを取って行動することとはまったく違うこと。
・相場で難しいのは、ポジションを取りながらも、冷静に、冷徹に、状況分析することです。
・普段は非常に優秀なのですが、ポジションを取ると、極端に落ち着きがなくなって、冷静な判断ができなくなる人がいます。そういう人は、ポジションをとると、そのプレッシャーに耐えられなくなるのです。
・「売り」でも「買い」でも勝とうとするのではなく、どちらか一方を捨てると、見えてくるものがあります。
・個人的には、「利食い」は後でゆっくり考えればいいことで、取引を行う際に、必ずしも考えておかねばならないことではない、と思っています。
・チャート・ポイントを、誰にもわかりやすい言葉で説明するとすれば、”みんなが注目するレート”ということになります。
・ドル/円の相場(値動き)を[5円]と[10円]で考えると、自動的に売買を行う方針が固まります。
・[相場持ち合いとなれば、同数の取り合いなり。逆向かいを可とする]
・相場が行き過ぎて動くことを、オーバーシュートと言います。つまり、相場がチャート・ポイントを飛び越えるように、行き過ぎた値動きをすることです。
・相場がオーバーシュートすると、その後に[揺り戻し]が起こります。−行き過ぎた値動きの修正が起こって、相場が反対に振れます。−
・相場の動きは、結果として「持ち合い相場」と気がつくのであり、いつ何時、持ち合い相場を放れるのかは、誰にもわからないことです。
・得意なパターンだけをやって、苦手なパターンがきたら、「ストップ・ロス・オーダー」で自動的に止める。それが賢い対応だ。
・相場をするということは、1回こっきりの勝負をするわけではありません。何回も売買を繰り返して、最終的に、トータルで利益をあげることが目的のはずです。
・取引のたびに、投入資金を小出しに入金する方法。
・最初に投入資金はまとめて入金するのだけれど、取引の際に、考え方として分割して使い、大きな損失にならないように資金管理を行う方法。
・相場の真理は、必ず負けるときがある、ということです。
・ですから、負けたときのために、−何回かは負けてもいいように−資金をいくつかに分散して投資することです。
・利が乗っているときに利食いを行いたければ、そうすればいいのです。
・頑張って引っ張るかどうかは、時間の経過とともにマーケットの動きを確認しながら決める、ということです。
・主体性・能動性という意味では、外国為替相場は、マージャンなどが最も近いのかもしれない、と考えています。
・5年、10年といった単位の(ほったらかしの)長期投資を行うのならば、外貨投資(外国為替取引)は不向きです。
・通貨の変動は、通常、年間で20〜30%程度でしょう−この”通常”も、いつ何時変化するのか、誰にも予想はつきませんが・・・。
・ポジションを取った際に、何となく嫌な感覚が残ることがあると思います。そういった場合は、さっさと損切りをしてかまわない、と考えています。
・誰かが買って、価格が少し上昇すると、つられて飛びつき「買い」をする人もでてきます。しかし、「高い」と感じる人は手を出しません。すると、その水準で売る人もいますから、今度は少し価格が下がります。
・価格が下落する場合に、ジグザグ運動がなく、ストンと落ちるのは、価格が一定の水準を割り込むと、その損失に耐えられなくなって、それまでに「買い」から入った人たちが、いっせいに売る(損切りを行う)からです。
・そういった大きな動きは、誰しもが、予想しないときに限って起こっています。不思議なもので、多くの人が油断したときに起こるのです。
・わからないことに対する備えを忘れることが、「慣れ」であり、「傲慢」です。謙虚な気持ちを持てなくなったときは、「休む」ことが大事です。
・誰に限らず、「こうなるのではないだろうか」といったイメージや思惑が湧いてくる時があります。この状態をさして、「わかるとき」なのです。
・市場参加者が少ない場合は、展開が読み切れないものです。市場参加者が少ないと、過去の経験則が役に立たなくなります。
・”欲”は、こうあって欲しいという「願望」であり、「思惑」に過ぎません。そういった気持ちが強いときは、冷静な判断ができずに、アゲインストのポジション(含み損が出ているポジション)を持たされたまま、相場に持っていかれることが多いのです。
・ニュースがあろうと、なかろうと、マーケットに影響を与えるほどの大量の資金が動けば、外国為替レートは動く、それは、当たり前のことです。
・勝っているときにこそ、負けている人の気持ちをおもんばからないといけない。そうしないと、相場の方向性が読めない、といったパラドックスに突き当ります。
・外国為替市場は、弱肉強食の世界ですが、他者に対する優しさや思いやりがないと、生き残れない世界でもあるのです。
・適正水準以上に下落したり、適正水準以上に高騰した状態が「オーバーシュート」です。オーバーシュートするということは、「相場は間違える」ということです。
・相場をやっていると、不安な時の方が、勝つ確率が高いことに気が付きます。
・根拠のない自信があるときの方が、テストの点数は悪いものです。
・相場に臨んでいるときに不安を感じることは、リスクに気が付いていることなのだ、と考えることも大切なのです。
・勝負事では、不必要な負けを避けることが最重要です。
・不必要な負けが少なければ、相対的に勝ちが残ります。
・わからないときはやらない。
・手を出さない勇気。



続きを読む
posted by アキちゃん at 00:46| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 読んだFX本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月17日

【明日!】FX座談会「今年の為替相場展望&私のチャレンジ」

いよいよ明日は
FX座談会・意見情報交換会です。

テーマは
「今年の為替相場展望&私のチャレンジ」

ということで、楽しみですね☆

先週酒匂さんにお聞きしたお話しもシェアしたいと思います。

詳細、お申し込みはコチラから↓
http://fxsurge.seesaa.net/article/112431458.html



続きを読む
posted by アキちゃん at 08:12| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月16日

-26PIPS

昨日は2戦0勝でした。

完敗です。こういうときもあります。
 
AUDJPY 売り -16PIPS
GBPJPY 買い -10PIPS


今日もいい結果になりますように☆


続きを読む
posted by アキちゃん at 11:34| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月15日

+32PIPS

昨日は3戦2勝でした。

まずまずです。
 
EURUSD 売り +12PIPS
AUDJPY 売り -16PIPS
EURJPY 売り +36PIPS


今日もいい結果になりますように☆


続きを読む
posted by アキちゃん at 09:40| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月14日

+29PIPS

昨日は6戦4勝でした。

一部ミスエントリーがあったので反省です。
 
EURJPY 売り -7PIPS
EURJPY 売り +28PIPS
EURUSD 売り +3PIPS
EURUSD 売り -22PIPS
EURJPY 売り +23PIPS
USDJPY 売り +4PIPS


今日もいい結果になりますように☆


続きを読む
posted by アキちゃん at 10:28| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする