2009年04月14日

買いと売り

今日は買いと売り、についてお話しします。

≪買い≫はわかるけど、≪売り≫って何!?
ということをよく言われます。

以下に買いと売りのイメージ図を示します。

買いと売り.bmp

FXにおいて≪買い≫、というのは、外貨を買う取引のことをいいます。 米ドル円なら、米ドルを買います。

そのために、自己資金を元手に、円を借りてくる、といった構図になります。

ですので、米ドルの価値が上がれば利益がでる。
下がると損失がでるということになります。

米ドルの価値が上がる、というのは、
1ドル=100円から110円になる、とった円安ドル高になる時です。


それに対し≪売り≫、というのは、円を買う取引のことをいいます。
米ドル円なら、円を買います。

そのために、自己資金を元手に、米ドルを借りてくる、といった構図になります。

ですので、円の価値が上がれば利益がでる。
下がると損失がでることになります。

円の価値が上がる、というのは、
1ドル=100円から90円になる、とった円高ドル安になる時です。



続きを読む


posted by アキちゃん at 11:46| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | FXの基礎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。