2009年06月30日

売買結果を評価する。

先日から、売買ルールを作った後のポイントとして、

●ルール通りに売買する
http://salarymanfpfx.seesaa.net/article/122116006.html

●取引履歴をつける
http://salarymanfpfx.seesaa.net/article/122278999.html

ことをお話ししました。


今日は、売買の結果を評価することについてお話しします。


取引履歴をつけたことによって、あなたの売買の結果が記録されます。
しかし、記録したままほっておいたのではなんの役にも立ちません。

まず、売買した結果が、よかったのか悪かったのか、問題点はどこにあるのかを評価する必要があります。

評価の項目として、

●利益の合計
●損失の合計
●損益
●総トレード数
●勝ちトレード数
●負けトレード数
●勝率
●1トレード当たりの平均利益
●1トレード当たりの平均損失
●平均利益÷平均損失=利益損失比
●利益の合計÷損失の合計=PF(プロフィットファクター)
●最大ドローダウン(%)
●最大ドローダウン期間
●資産推移グラフ

があります。


特に、

●損益(評価期間で利益がでたか、損失がでたか)
●勝率(どれぐらいの割合で勝てるか)
●利益損失比 (トレードごとの利益と損失の割合)
●PF (1トレードあたりどれくらい利益がでるか)
●最大ドローダウン (損失が続いたとい、どれくらいの比率、期間か)

を把握する必要があります。


それにより、見えてくるものがあると思います。



続きを読む
posted by アキちゃん at 07:58| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践し、改善する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月28日

実践FXトレーディング

この本は、トレーダーの養成学校と投資顧問会社を創設したイゴール・トシュチャコフさんが書きました。

多くのFXブロガーの方がオススメしている本です。

この本には、チャートパターンや、FX市場の時間特性を利用した具体的な売買手法が数多く紹介されています。

読んでいる途中にアイデアが湧いてきて、中断ばかりしてしまいました。

洋書の中では比較的読みやすいので、トレードの初心者、経験者の両方にお勧めします。





書名  :実践FXトレーディング
著者  :イゴール・トシュチャコフ
出版社 :パンローリング
読む目的:勝てる相場パターンの引出しを増やす
ページ数:247
所要期間:4日

『心に響いた言葉/文面は本文より引用・編集』
・マーケットの「ノイズ」の大きさが1日の平均値幅にほぼ相当していることを考慮に入れなければならない。
・理論的な知識は専門書を読めば得られるが、実践的なスキルと経験は実際のトレードでしか得られない。
・予測をせずに利益を得ることは、相場を予測するのではなく、トレンドをフォローすることによってのみ可能になる。
・メカニカル(機械的)なトレードシステムを活用すれば、判断が容易になり、利益を増やすことができるだけでなく、心理的な快適さも得られる。
・最終ゴールが正確に分かっていれば、そこに到達する道ははるかに容易になる。
・個々の状況に対応したトレード戦術の基礎として使用できる、一連のシステムユニットから構成される多様化されたシステムトレードの手法を開発することが必要だ。
・あらゆる分野における人間の営みは、必ず先人の経験がさらなる進歩の基礎になっている。それはトレードも例外ではない。
・ファンダメンタル分析を本気でやろうと思えば、マクロ経済学、国際金融、政治社会などの仕組みについて深く理解してることが必要だ。
・マーケットにおける実践のなかで、文献にも書かれていない、知り合いのトレーダーが誰も利用していない、規則的な動きが相場に繰り返し現れていることに気がついた。
・これを定義・定式化して、私が開発する手法に組み入れれば、成功をもたらす理想的な取引手法に近づけると考えた。
・トレーダーの活動が相場の変動を引き起こすという思い込みを捨て、相場が私たちの知らない、気が付いていない要因によって自律的に変化するものだと考えることをお勧めする。
・適切な時点に相場の適切なサイドにいること、それがトレーダーの仕事であることはいうまでもない。
・相場には高いレベルのモメンタムが存在するため、現行の方向で仕掛ける方が統計上優位だと論理的に結論づけることができる。
・高値に近い水準で引けた場合、翌日に再び前日の高値を上回って上昇する確率は、下落する確率よりもはるかに高い。
・トレンドが存在する場合、終値が始値よりも安い(または高い)日が連続するのは平均で4日間であることを覚えておくことが重要だ。私の記憶では、連続して下げて(上げて)引けた最長連続日数は9日間だった。
・テクニカル分析の目的は、重要なポイントや水準を事前に見極めることにある。
・キーとなるポイント、クリティカルなゾーン、サポートとレジスタンスなどの見極め。
・デイトレーダーでも、長期的な相場分析は行うべきだ。デイトレードで正しい判断をするためには、大局をとらえ、キーとなる水準と長期トレンドを見極めることも必要だ。
・デイトレーダーの場合でも、2〜3日の平均取引レンジ内にあるトレンドライン、サポートライン、レジスタンスラインがすべて重要になる。
・FX市場にはテクニカルトレーダーが大勢いるため、仕掛けや相場予測の有効なシグナルとしてフォーメーションに頼ると裏切られることが多い。
・クシの具体的な特徴は、連続した5本足のなかの任意の3つの高値(または安値)に沿ってトレンドラインを描くことができることだ。このトレンドラインは、安値に沿って描いたときに右上がり、高値に沿って描いたときに右下がりになる場合に意味を持つ。
・トレンドラインへの接触点が長期間でわずかしかなく、トレンドラインに沿った大きなリトレースメント(押しや戻り)がまだなければ、ダマシのブレイクが起こる確率は高い。
・瞬時の大きな動きに続いてトレンドラインのブレイクが起きた場合、そのブレイクがダマシになる可能性があるという警告になる。
・ブレイク直前まで長期間のもみ合い状態であった場合は、ブレイク後に長いフォローする―もしくはトレンド転換が続く確率が高い。
・トレンドラインがレンジ内に収まることは通常ない。相場がトレンドラインを挟んで行ったり来たりを繰り返すことはないのだ。
・少なくとも9〜10人のトレーダーがそれと識別していれば、そのフォーメーションは本物と考えることができる。
・ヘッドアンドショルダーズ・フォーメーションの正しい(つまり教科書通りに動く)シナリオの確率は50%未満なので、そのような状況でどのように行動しようと統計上の優位性はない、というのが結論だ。
・2つの高値と2つの安値が形成されたあとのトライアングルを早めに識別できる機会は極めて頻繁に存在する。
・ダマシのブレイクは、次の大きな動きが反対方向への動きになることを高い精度で確認するもの以外の何ものでもないからだ。
・レクタングル、フラッグ、その他のテクニカル分析用のフォーメーションには、明確な輪郭を示す境界線が存在するという優位性がある。
・マーケットの状況がトレーダーにとって明白であればあるほど、その先の展開はそれだけサプライズになる。
・トレードでは必ず規律を貫くこと。規律を守らなければ、トレードは不可能であり、本書から学ぶ知識もまったく無意味になる。
・プランはデイトレードにも絶対に必要だ。プランがなければ究極的な成功は望めない。
・ストップは、ポジションと逆方向への動きが継続する確率が急上昇するポイントにのみ置くべきであり、ロングポジションを損切りするためのストップは、相場がショートポジションを建てるシグナルを発するポイントにおくべきだ。
・デイトレードでは、すべてのトレード活動がマーケットノイズだけを対象にしているという事実を忘れずに考慮しなければならない。
・少しでも高い利益を得ようとするよりも、安全な方法で、ある程度の利益を得ようとする場合のほうがうまくいく。
・統計的に見れば、反転が起こる前には相場が迷う期間が存在する。
・相場が直近の天底を付けた後の足の本数が、直近の波を形成するために要した足の本数を超えたら、それが手仕舞い時だ。
・相場が反対方向を選ぶという確認があり、どちらの方向でトレードしても儲けられる可能性があるというのに、躊躇する必要があるだろうか?
・2回連続で負けたところで取引サイズを2倍にするようにしている。それでその3回目も負けたら当日はトレードをやめて、翌日に新しいトレードシグナルが現われるのを待つ。
・マーケットにはトレーダーが考慮しなければならない基本的な要素が3つある。水準、方向、タイミングだ。
・当日の新高値や新安値を付けたときにその相場方向で建てられたポジションには、ある程度の統計上の優位性がある。
・相場はその平均値幅を毎日完了しなければならない。だから、翌日の高値と安値との差はある程度の精度で予測できる。
posted by アキちゃん at 10:07| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読んだFX本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月27日

来週の為替相場展望

アキちゃんです。こんにちは!

先週は、円高が進みましたね。

USDJPYは、昨年8月から現在までで、
非常に大きな三角もちあいを形成しいるのですが、
先週下方向にブレイクしたように見えます。

その後もたついてるのですが、
これはブレイクだよな〜という微妙な位置にいます。

来週ですが、USDJPYが円高方向を再度試すのではないか
と思います。94円台に強力な支持帯があるので、
そこを抜けるかどうかですね。

来週もFXを楽しみましょう!



続きを読む
posted by アキちゃん at 12:20| 兵庫 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年以前の為替展望記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月26日

取引履歴をつける

先日、実践し、改善することが大切ですとお伝えしました。

http://salarymanfpfx.seesaa.net/article/121978812.html

今日は、≪取引履歴をつける≫ことについてお話しします。


売買ルールをつくり、そしてルールを守ることができるようになったら、それを記録しましょう。

つまり、トレードの売買理由と結果を明確に記録することにより、はじめて反省し、改善することができます。


取引履歴をつける方法としては、

●EXCELシートに記入する。
●市販のノートに手書きで記録する。
●トレードごと、1日ごとにブログに更新する。

といった方法があります。


取引履歴の項目としては、

●エントリー日時
●エントリー価格
●通貨ペア
●買いか売りか
●なぜエントリーしたか
●損切りポイント
●エグジット日時
●エグジット価格
●なぜエグジットしたか
●損益
●結果についてのコメント
●今後どうしたいか

といったものがあります。


初めは面倒ですが、これらを一つ一つ記録し、振り返ることにより、あなたのトレーダーとしてのレベルは飛躍的に上がります。



続きを読む
posted by アキちゃん at 12:54| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践し、改善する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月25日

FX本を整理しました☆

いままで、本を読んだらブログにアップしていましたが、
昔のは探さないといけない状態でした。

そこで、カテゴリに「本」をつくり、FX本を読んだときの
感想やまとめを見れるようにしました☆

http://salarymanfpfx.seesaa.net/category/6475128-1.html

なんと31冊分もあります!
いっぱい読みましたね〜。

また地道に増やしていきたいですね☆



続きを読む
posted by アキちゃん at 08:06| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月24日

ルール通りに売買する

先日、実践し、改善することが大切ですとお伝えしました。

http://salarymanfpfx.seesaa.net/article/121978812.html

今日は、≪ルール通りに売買する≫ことについてお話しします。


売買ルールを作りました。さぁ実践しましょう!
というところで立ちはだかる問題です。

ルール通りに売買するのなんて簡単だよ!という方に限って
できていないことが多いです。

損失が続いた時は、このルールで本当に利益がでるのか不安になります。

含み益が出た時は、せっかくの利益を失いたくなくて、ルールでは決済サインがでていないのに決済したくなります。

こうした誘惑に勝てない人は非常に多いようです。

≪ルール通りに売買する≫

ために、できることは、

●やると決めて、紙に書いてパソコンの横に置く。
●徹底的に検証してルールを信頼する。
●売買したら、必ず記録をつける。
●1か月は続ける、など実施の期間を決める。

などの方法があります。

ルール通りにやらなければ、結果にが良くても悪くても、
何が原因で起こっているのかわかりません。

また、一貫して利益を出せるトレーダーになりたいのなら、
ルールを一貫して守れなければなれません。

システムトレードのようにサイン通りに売買するだけでなく、
裁量の人でも、ある程度はルールが必要です。

ぜひ、ルールを守っていきましょう!



続きを読む
posted by アキちゃん at 08:52| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践し、改善する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月23日

世界一わかりやすい!株価チャート実践帳

この本は、株の専業トレーダーとして月平均1000万ね程度を安定的に稼ぐ渋谷高雄さんが書きました。

問題集形式になっていて、日経平均や個別株について、トレンドライン、チャートパターン、移動平均線を利用したトレードのトレーニングができます。

100近い問題があり、数をこなすことによりトレードのスキルを高めるのに役立ちます。

株の本なので出来高がよくでてきますが、FXの方でも出来高以外のところはかなり参考になると思います。

初心者、経験者の方両方にオススメです。





書名  :世界一わかりやすい!株価チャート実践帳
著者  :渋谷高雄
出版社 :あさ出版
読む目的:チャートを読み解くスキルを高める
ページ数:191
所要期間:4日

『心に響いた言葉/文面は本文より引用・編集』
・自分の投資行動を冷静に見て、マーケットに合わせて、投資パターンを修正していくことがとても重要なのです。
・移動平均線では、株価の動きを”流れ”としてとらえることができます。
・株価が移動平均線から大きく下に乖離したときに、出来高が急増したら、株価は移動平均線に向かって上昇し始める可能性が高い。
・ネックラインを突破した時点で出来高が急増していると、強い上昇エネルギーをともなっているため、さらに株価が上昇すると予測できます。
・絶望のなかで生まれ、懐疑のなかで育ち、歓喜のなかで終わる・・・
・株価がトレンドラインを割らない限り、ギリギリまで攻めることができるのです。
・株価と移動平均線の乖離が目立ち始めたら、株価が下がる可能性があることに注意しなければなりません。
・トレンドラインを割らない限りは大丈夫と考え、買い主体でトレードできます。
・抵抗線を超えられません。そして、期間の長いトレンドラインを割ったときに最大のピンチが訪れました。
・@抵抗線を超えられない。Aトレンドラインを割ってしまった。Bデッドクロスの出現、の3つのシグナルが出ているので株価は下降すると予測できます。
・大暴落のあとに株価がいったん反発したものの、再び下落してきた場合に(いわゆる、2番底と呼ばれるものです)、このW底のチャートパターンをイメージしながら、日経平均のチャートを一日一度は見るようにするとよいでしょう。するとほどなく、W字右底のあたりで、ローソク足が5日移動平均線を超えてくる場面にめぐり合い、買いのチャンスだとわかることがあるでしょう!
・とにかく損切りをして、その後新しいチャートパターン、上昇トレンドのサインが現われたところでまた買えば、トータルでプラスになります。
・「事故に巻き込まれたら損切りすること」「資金を1点集中投入しないこと」は大切なポイントです。それができない人は、投資では成功できないと断言できます。
・トレンドラインが機能している間は、それよりも下がらない限り、上昇すると考えたほうがいいでしょう。



続きを読む
posted by アキちゃん at 14:08| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 読んだFX本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月22日

実践し、改善する

いろいろと勉強され、あなたなりの売買のルールを考えたとします。しかしそれだけでは足りません。

そうです。実践です。

どれだけ事前に調査して、念入りに準備したとしても、
最終的にはやってみなければわかりません。

デモ口座でもいいので、あなたがやってみたい売買ルールを、
実践することが必要になります。

さらに実践にあたっては、

売買ルール通りに売買する、

取引記録をつける、


ことが非常に重要になります。

この記録を見直すことにより、売買ルールを改善できます。



続きを読む
posted by アキちゃん at 07:53| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践し、改善する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月21日

鳥居万友美さんにお会いしました☆

昨日は、鳥居万友美さんの大阪懇親会に参加してきました。

万友美さんは美女の会を主催されていて、FX投資家との交流を図られてるので、一回お会いしたいな〜と思っていました。

お話ししたら、やはり素敵な方で、サークル話でいろいろ盛り上がりました☆

FX投資家はなかなかFXについて話す機会がなくストレスを抱えてる方が多いので、思う存分FX談義ができる場があるのはいいですね〜、とお話ししながら、改めて思いました。

懇親会には、スペシャルゲストとして、有名ブロガーのFXママ奈那子さんはんぞさんバカラ村さんが来られてました!

懇親会に参加されてた方も豪ドルママさんを初め熱心な方が多く、途中からFXの勉強会みたいになっててとっても盛り上がりました☆

自分が主催するサークル以外のFX交流会に参加したのは初めてで少し緊張しましたが、やっぱりいいですね〜。いい刺激とアイデアを沢山もらいました。

お会いした皆様、ありがとうございました☆
posted by アキちゃん at 10:45| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

来週の為替相場展望

アキちゃんです。こんにちは!

先週は、円高が進みましたね。

USDJPYは、昨年8月から現在までで、
非常に大きな三角もちあいを形成しいるのですが、
そろそろ三角形の頂点が近づいてきています。

このもちあいは円高方向に抜ける可能性が高い、
と考えていますが、それが来週なのかはわかりません。
すくなくとも2,3か月以内にはブレイクしそうです。

来週は、USDJPYの値動きに注目ですね。
95.5円を強く割り込むようだと、
一気に90円近くまで行く可能性があります。

割れなければ、レンジ内の上限98.5円まで上昇した
ところを戻り売りすればいいと思います。

現在は、サイクルの天井からの下落が起こる時間帯ですので、
暴落と、サイクルのスタートのは注意が必要ですね。

来週もFXを楽しみましょう!



続きを読む
posted by アキちゃん at 00:44| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする