2009年06月19日

検証する

先日、売買ルールの7つ項目を紹介させていただきました。

http://salarymanfpfx.seesaa.net/article/120793730.html


今日は≪検証≫についてお話しします。

7つの売買ルールを決めても、そのルールがいいのか悪いのかは誰にもわかりません。

その評価の方法として、過去のチャートから、売買ルールに基づいて仮想売買をし、損益データを出す方法があります。

検証をしておくと、そのルールがどのような特性(勝率、ドローダウンなど)を示すのかが事前に把握できるので、実際に運用するにあたり継続しやすくなります。


検証の方法としては、

@過去のチャートの売買ポイントを、目視で拾って記録する。

A検証ソフトを利用する。

があります。


@は、実際に目で売買ポイントを見るので、感覚的につかみやすいのがいいです。デメリットは、時間がかかるので、長期間はできない点です。

Aは、設定した条件で自動的に売買データを計算してくれるので、データの正確性や、期間の面で有利です。デメリットは、少しこだわったルールをやろうとするには、プログラミングの知識が必要な点です。

どちらの方法でもいいですが、検証してる人としてない人とでは、売買ルールに対する確信の度合いが大きくかわります。

ぜひ検証して、自分だけの売買ルールを作り上げましょう!



続きを読む


posted by アキちゃん at 07:03| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 売買ルールを決める | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月18日

デイトレードは「5分足チャート」で完勝だ!

この本は、投資アドバイザーの小山哲さんが書きました。

5分足を用いたデイトレについての本です。

下ひげなどのローソク足のパターンによる売買サインが、
買い32種類、売り27種類紹介されていました。

簡潔に説明してあるので、初心者の方にもわかりやすいと思います。




書名  :デイトレードは「5分足チャート」で完勝だ!
著者  :小山哲
出版社 :すばる舎
読む目的:5分足トレードの特徴をつかむ
ページ数:222
所要期間:3日

『心に響いた言葉/文面は本文より引用・編集』
・デイトレではローソク足、なかでも5分足を活用することで売買のタイミングの取り方が飛躍的にアップする。
・固定的な考え方は、株式投資では最も良くない結果を招きます。
・下げ始めたら目を離してはなりません。下げのあとには必ず上げが来ますから、それを確実に拾うことが大切なのです。
・一日の株価の変動のなかで売買のチャンスは何度かあります。下げから上げへの転換、上げから下げへの転換、これからが繰り返されるごとに売買の注文が可能になってきます。
・株価が下落したときに下ひげがでると、きわめて高い確率で株価の上げを予測できますので、買いのタイミングとしては最大のチャンスです。
・株式投資では、上値に飛び付くのではなく、いかに下値からの立ち上がりの局面で買えるかが勝負になります。
・株価の急落局面は、株価の仕込みのチャンスが近いというこを感じ取るべきです。
・下げた後の反発が唯一の仕込みのタイミングになります。デイトレではわずかな株価の変動でも見逃さないで、しっかり差益を取らなければ勝ち目はありません。
・「買ったらすぐ逃げる」。このタイミングこそがデイトレで勝つための鉄則です。
・いくらであろうと、利が乗ったら売る。これしかありません。
・株式投資では、「上げに乗る」というよりは、「下げからの反発に乗る」ほうが勝率をはるかに高めることができるのです。
・売る人が売った後の「あく抜け」では買いしかないわけで、そのサイクルをうまく活用しない手はありません。
・すべて教科書的にしか読めないような固い頭では、チャートの活用は難しいといえます。
・経験則を沢山頭に入れている人が、結果的には瞬時の判断で勝ちを収めることになるのです。
・株式投資では、安値を仕込み、吹き値を売るのが鉄則です。
・中段での反発による上昇は大幅ではないのことが多いので、利益確定は小幅で我慢しなければなりません。また、株価が横ばいになった時点では逃げないと、それ以上の株価には発展しないので、利益確定のチャンスを逃しやすくなります。
・買いのタイミングは上げの途中ではなく、下げの終わり、反転の時にあることを心得ておく。
・デイトレでは、「いかにその日の相場を読むか」が大切な条件になるのです。株価の方向性が上に向いているか、下に向いているかの波動を読まなければ的確な判断はできません。
・「売り後は高い」といわれますが、慌てて売っている人が多いときには、おおむね「大底」になりやすいのです。
・株価の動きは正確に読めるとは限りません。それでも、勢いの方向に向かうという習性は否定できないのです。
・下ひげが出た翌日は、傾向としては「下げては上げ、上げては下げ」を繰り返しながらも、どちらかといえば「上げ有利」に動く場面あ多いので、それを基本にしてチャンスをものにしていくことが大切です。
・買う時は、陽線がでるなど何らかの兆候が見えてからにしなければなりません。
・株価が上がるのか、下がるのかは勢いで決まります。



続きを読む
posted by アキちゃん at 08:52| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読んだFX本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月17日

撤退指針を決める

先日、売買ルールの項目を紹介させていただきました。

http://salarymanfpfx.seesaa.net/article/120793730.html


今日は、≪撤退指針≫についてお話しします。

売買ルールを一旦停止するルールになります。

どんな売買ルールでも、
そのルールが想定しない事態が起これば、
損切りが続き、大きな損失になることがあります。

このため、しばらくその売買ルールでの取引をやめて、
原因分析と改善を検討する、といった撤退指針が必要になります。


撤退指針としては、

・自己資金が20%減ったらやめる。

・検証期間で想定した損失を超えたらやめる。


といった方法があります。



続きを読む
posted by アキちゃん at 08:11| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 売買ルールを決める | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月16日

ポジションサイズを決める

先日、売買ルールの項目を紹介させていただきました。

http://salarymanfpfx.seesaa.net/article/120793730.html


今日は、≪ポジションサイズ≫についてお話しします。

一度に何万通貨買うか、といった
通貨数を決めるルールになります。


≪資金を管理する≫の項目でも、損切りされた時の金額を、自己資金の2〜5%になるように通貨数を調整するというのを紹介させていただきました。

http://salarymanfpfx.seesaa.net/article/119655497.html


非常に重要ですので、再度事例を紹介させていただきます。

自己資金100万円で、損切り金額を2%の2万円にしたいとします。
ドルを100円で買って、損切りの逆指値注文を99円に入れるという売買をしたとすると、損切りされた時の値幅は、100円から99円を引いた1円になります。

1円×○万通貨(保有数)=2万円(損切り金額)

となるようにするには、2万通貨購入すればよい、 ということになります。


このように、

買値から損切りまでの値幅から、保有通貨数を逆算することにより、為替リスクを一定に抑える

ことが重要になります。



続きを読む
posted by アキちゃん at 06:37| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 売買ルールを決める | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月15日

矢口新の相場力アップドリル「為替編」

この本は、ファンドマネージャーとして株式市場などで活躍されている、矢口新さんが書きました。

為替のファンダメンタルズに関して、ドリル形式で考えながら読み進められるようになっています。

ボラティリティやトレンドの形成に関して、投機筋と実需筋がどう影響を与えるのか、という点でわかりやすく書かれていました。

チャートでも、日足や週足の方が、5分足などよりトレンドを形成しやすいと感じています。その点が実需と仮需のバランスに起因する、と考えると理解が深まりました。

FX初心者で、為替のニュースがどう相場に影響を与えるのか?を知りたい人にはオススメです。





書名  :矢口新の相場力アップドリル「為替編」 
著者  :矢口新
出版社 :パンローリング
読む目的:ファンダメンタルズへの理解を深める。
ページ数:147
所要期間:5日

『心に響いた言葉/文面は本文より引用・編集』
・材料の数や種類にかかわらず、誰かが売り買いしなければ動かない。何も材料がなくても、誰かが売り買いすれば相場は動く。
・1日の買い持ちは1日だけ相場を支えている。1年の買い持ちは1年間相場を支えている。
・日計りの買いはその日の数時間だけ相場を支ええているだけなので、いずれは売りがでること。
・ヘッジファンドの買いは数日から数か月相場を支えているが、やはりいずれは売りがでる。
・価格の振幅(ボラティリティ)は主に投機筋−買ったものは売り、売ったものは必ず買い戻す人たち−の存在によって起きていると分かります。
・トレンドは実需によって、ボラティリティは投機によってつくられる。
・通常、相場では困る人が多い方向へと動く傾向があります。
・相場のトレンドはポジションの保有期間の長さ、すなわち時間に大きな影響を受け、価格の振幅(ボラティリティ)はポジションの大きさに影響を受けることがわかると思います。
・過去のデータを検証しますと、成長率と為替レートとは相関関係にも逆相関関係にもありません。
・素直に反応したのみ値が伸びない場合は、どのレベルででもドテンの倍返しをねらって逆に攻めます。
・日々のニュースに反応する人の大半は日計りです。日計りではその日のうちに売り買いを完結させますので、値が伸びないとわかったなら数分後にでもポジションを閉じてきます。いずれにせよ、投機筋のポジションは必ず閉じられます。
・一般に材料が単純なものほどわかりやすく、その分パワーも強いのです。
・金と原油とのもっとも大きな違いは、見るべき実需がないことです。
・アメリカ株の暴落はアメリカ売りを連想させますので、まずはドル売りから入ります。
・仮需である投機筋が材料視すれば、どんなことでも相場を動かす材料となってしまいます。
・評価損でさらに怖いのは、ときに損の額が一投資家の耐え得る範囲をこえてしまうことです。限界点は誰にでもあると思っていてください。
・10回買うと、うち5回は上昇します。勝負は自分が潮の流れに乗れているときにするものです。
・投機の限界は時間。投機のうちでも日計りが量的にもっとも多いので、数分から数十分で多くのポジションが閉じられる。
・どんな形でも需給のバランスがとれている限り、レートの変動は妨げますので固定相場が守れます。
・為替の固定相場が機能するには、経済の規模に比べて通貨の需給が小さい必要があります。
・債券とは、高金利のものが金利低下していくのを買うものなのです。
posted by アキちゃん at 09:24| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読んだFX本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月14日

勝ち組トレーダーの話を聞きたいですか?

トレードを始めてみたけど、損失が続きどうしていいかわからない・・・

勝ち組トレーダーの話を聞いて、何かヒントを得たい・・・

そんな方のために、FXサークルSurgeでは、7月12日(日)に、
勝ち組みトレーダーによるFXセミナーを行います。

テーマは、

「トレード虎の巻」
〜負けている人に今、伝えておきたいトレードの鉄則〜

講師は、勝ち組トレーダーのロジャーズ@山野先生です。

◎お申し込みはこちらから↓
https://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P15184283

ロジャーズ@山野先生は、現在はFX、商品先物取引を中心に手がけており、
特に商品取引では1年で資金を約4倍にした実績がある勝ち組トレーダーです。
投資を始めてからの自身の手痛い経験を、他の人にはして欲しくないという想いからセミナー活動も開催されています。

今回のセミナーは、こんな方に向いています。

● トレードを始めてみたいが、どうもこの世界に踏み込むのが怖い・・・
●トレードを始めてみたけど、損失が続きどうしていいかわからない・・・
●大損してトレードはやめてしまった経験がある。
●リベンジしたいが、もう損はしたくない・・・


◎お申し込みはこちらから↓
https://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P15184283

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【テーマ】
「トレード虎の巻」
〜負けている人に今、伝えておきたいトレードの鉄則〜

【日時】
平成21年7月12日(日) 13:30 〜 16:30(受付開始13:20)

【場所】
六甲道勤労市民センター 会議室B
神戸市灘区深田町4丁目1番39号 メイン六甲Aビル5階

地図1 → http://tinyurl.com/2c2q6p
地図2 → http://tinyurl.com/3c8roh

【アクセス】
JR/六甲道駅南接0分(大阪から快速22分、三ノ宮から快速4分)
阪急/六甲駅から南へ歩いて8分
阪神/新在家駅から北へ歩いて6分

【講師】
ロジャーズ@山野

神戸大学工学部卒。大手メーカーに勤務する傍ら2001年度より株式投資を始める。
現在はFX、商品先物取引を中心に手がけており、特に商品取引では1年で資金を約4倍にした実績がある。
投資を始めてからの自身の手痛い経験を、他の人にはして欲しくないという想いからセミナー活動も開催している。
わかりやすく、かつ笑いのとれるフランクな雰囲気の内容にファンも多い。

また、どんな分野であれ、その道を究めた人は人生を豊かにする哲学を持っているという考えからメールマガジンを発行、日々相場道を追求している。

http://archive.mag2.com/0000281007/index.html
 
【定員】
会場の都合で10名限定

【参加費/当日徴収】
・5,000円 一般価格
・4,000円 Surgeシルバー会員価格、紹介価格
・3,000円 Surgeゴールド会員価格
・2,000円 Surgeプラチナ会員価格

※Surgeシルバー会員:申込書に記入し、会費3,000円を払った方。
※Surgeゴールド会員:会員で、Surgeに3回参加した方。
※Surgeプラチナ会員:会員で、Surgeに10回参加した方。

※紹介された場合は、備考欄に紹介者のお名前をお書きください。

【セミナー参加者スペシャル特典】
<特典1> 満足返金保証・・・参加された全ての方に満足をしていただくことを目指しております。もし仮に、本セミナーを受講し終わったときに受講料分の価値を全く創出できないと思われた場合には、お支払いただいた金額をその場で全額返金いたします。その際に満足いただけなかった理由等を問いただすことは一切ありません。

<特典2> Surge参加者限定メーリングリスト参加権・・・あなたをサポートするMLに参加可能です。セミナー終了後も参加者同士の交流・情報交換の場にお使いください。

◎お申し込みはこちらから
https://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P15184283

【スケジュール】
13:30〜14:00 参加者、講師の簡単な自己紹介。
14:00〜15:00 セミナー前半。
       −勝つ前に何を目指すか。そのためにどうすればいいか。
15:00〜15:15 休憩。各自情報交換。質問など。
15:15〜16:15 セミナー後半。
       −勝つために知っておくべきこと。相場を知り、自分を知る。
16:15〜16:30 アンケート。各自情報交換。質問など。

【セミナー内容一部抜粋】
● 資金管理の具体的方法
● トレンドを知る
● パターンを認識する
● 感情をコントロールする方法

【セミナーに参加した後、あなたは・・・】
●自分の投資法が変わる
●相場への入り方、出方がわかる
●論理的な資金管理方法がわかる
●トレード活動を支える夢や目標がはっきりする
●満足できなかったら、その場で参加料を全額返金してもらえます。
●Surge参加者限定メーリングリストで、参加者同士で継続的に意見・情報交換できます。

◎お申し込みはこちらから
https://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P15184283

【Surgeについて】
 FXサークルSurgeは、『会社では気軽に話せないFXや投資について、思う存分話し、情報交換ができる場を提供したい』、という想いで設立されました。
 参加された皆様は、自分の考えが整理、共有できて幸せそうです。また、セミナーや他の方の意見を聞いたりしているうちに皆さんがレベルアップし、皆さんの夢が実現していってます。 
はじめての方も、実際にFXをしている方に出会えるチャンスです。
 是非お越しください。

FXサークルSurgeのHPはこちら → http://fxsurge.seesaa.net/

【参加者について】
Surgeには、今までこんな方が参加されてます。
年齢層:20代〜60代
男女比:半々くらい
FX経験:ゼロ、はじめて〜4年以上
    ※はじめての人と経験者の比率は半々くらいです。
投資歴:ゼロ、はじめて〜20年以上
    ※はじめての人と経験者の比率は半々くらいです。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
追伸:
ロジャーズ@山野先生は多忙のため、滅多にセミナーをされません。
この機会を逃さず、トレードの鉄則を学びませんか?

◎お申し込みはこちらから↓
https://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P15184283
posted by アキちゃん at 09:02| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月13日

来週の為替相場展望

アキちゃんです。こんにちは!

先週は、円安が進みましたね。
株も上昇基調が続いているようです。

来週ですが、引き続き円安をトライする流れが
続くと考えています。

ただ、2月からの上昇の天井をつけに行っている
と思われるので、深追いはできないのかな
と思います。

ついていくだけ行って、
すばやく逃げられるようにしといた方がよさそうです。

来週もFXを楽しみましょう!



続きを読む
posted by アキちゃん at 10:19| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年以前の為替展望記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月12日

エントリー、エグジット(利益確定、損切り)

先日、売買ルールの項目を紹介させていただきました。

http://salarymanfpfx.seesaa.net/article/120793730.html

今日は、≪エントリー、エグジット(利益確定、損切り)≫についてお話しします。

これは、具体的な売買ポイントを決めるルールです。


例えば、エントリーについては、

・移動平均線、MACDなどテクニカル指標のサイン。

・著名人の為替レポートで買いが推奨されている。

といった方法があります。


エグジット(利益確定)については、

・テクニカル指標の、エントリーと反対サイン。

・50銭、1円などの一定値幅。

などがあります。


損切りについては、

・直近の安値。

・50銭、1円などの一定値幅。

があります。


手法に関しては無限の組み合わせがあるので、あなたが気になるものから試していく、というスタンスが重要になります。



続きを読む
posted by アキちゃん at 07:57| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 売買ルールを決める | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月11日

相場環境を認識する

先日、売買ルールの項目を紹介させていただきました。

http://salarymanfpfx.seesaa.net/article/120793730.html

今日は、≪環境認識≫についてお話しします。


環境認識は、相場の状況を判断するルールです

・トレンドが出始めている。

・トレンドの中盤で、押し目をつけている。

・レンジ相場の下限に来ている。


といった相場環境を判断します。


具体的な方法としては、

・ローソク足が移動平均線の上にあるので、現在は上昇トレンド。

・RSIが下限から反転を始めたので、レンジ相場の下限から、レンジ内に戻ろうとしている。

・ADXが上昇してきたので、トレンドが発生している。

・ボリンジャーバンドが収縮しているので、もちあっている。

というのがあります。


初めは利益がでたけど、相場環境が変わったので上手くいかなくなった

というのは、環境認識が上手くできていなかった可能性があります。



続きを読む
posted by アキちゃん at 11:24| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 売買ルールを決める | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月10日

時間軸を決める

先日、売買ルールの項目を紹介させていただきました。

http://salarymanfpfx.seesaa.net/article/120793730.html

今日は、≪時間軸≫についてお話しします。


時間軸とは、日足をみるのか、それとも5分足を見るのか、
といった時間に関するルールです。

時間軸を決めるには、チャートを見る頻度、
買ってから決済までの保有期間を考える必要があります。

チャートを見る頻度については、
・1日1回、朝起きた後に売買する。
・会社から帰宅し夕食後、2時間でできる限り売買する。
・1日中チャートを見て、何十回も売買する。
というのがあります。

買ってから決済までの保有期間については、
・数秒から数分間
・1日〜数日
・3週間〜半年
・買ったら決済しない。
というのがあります。

それにより、おのずと見るべき足が決まってきます。



続きを読む
posted by アキちゃん at 09:20| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 売買ルールを決める | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。