2009年06月30日

売買結果を評価する。

先日から、売買ルールを作った後のポイントとして、

●ルール通りに売買する
http://salarymanfpfx.seesaa.net/article/122116006.html

●取引履歴をつける
http://salarymanfpfx.seesaa.net/article/122278999.html

ことをお話ししました。


今日は、売買の結果を評価することについてお話しします。


取引履歴をつけたことによって、あなたの売買の結果が記録されます。
しかし、記録したままほっておいたのではなんの役にも立ちません。

まず、売買した結果が、よかったのか悪かったのか、問題点はどこにあるのかを評価する必要があります。

評価の項目として、

●利益の合計
●損失の合計
●損益
●総トレード数
●勝ちトレード数
●負けトレード数
●勝率
●1トレード当たりの平均利益
●1トレード当たりの平均損失
●平均利益÷平均損失=利益損失比
●利益の合計÷損失の合計=PF(プロフィットファクター)
●最大ドローダウン(%)
●最大ドローダウン期間
●資産推移グラフ

があります。


特に、

●損益(評価期間で利益がでたか、損失がでたか)
●勝率(どれぐらいの割合で勝てるか)
●利益損失比 (トレードごとの利益と損失の割合)
●PF (1トレードあたりどれくらい利益がでるか)
●最大ドローダウン (損失が続いたとい、どれくらいの比率、期間か)

を把握する必要があります。


それにより、見えてくるものがあると思います。



続きを読む


posted by アキちゃん at 07:58| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践し、改善する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。