2009年07月17日

FXほんとうに稼いでいるトレーダーの解体新書

この本は、ロンドンでヘッジファンドのマネージャーとして活動した後、日本に戻りFXスクールを立ち上げた杉田 勝さんが書きました。

日本のFXでの勝ち組個人トレーダーへのインタビュー集です。

9人いて、月50万から800万円を稼ぎだす凄腕トレーダーたちでした。

読んでみて思ったのは、皆FXが好きで、チャートが好きで、そして、やるべきこと、つまり、徹底的に検証と実践を繰り返していること、が共通しているのかなと思いました。

手法はなんでもよく、要は、自分が信念をもって、その手法を使い続けられるか、の方が重要だと思います。

読んでいたら、検証したくなりました。



書名  :FXほんとうに稼いでいるトレーダーの解体新書
著者  :杉田勝
出版社 :青月社
読む目的:ヒントを得る。
ページ数:284
所要期間:1日

『心に響いた言葉/文面は本文より引用・編集』
・FXはトレンドが発生するとある程度その方向に進み続ける特性があるので、トレンドの初動に乗るこの方法は、ストップロスが浅い割には利益が100pipsオーバーというポテンシャルがあります。
・完全主義ではマーケットではうまく立ち回れないんです。考えるのは専門家に任せておけばいいんですよ。はっきり言って、知識がいくらあっても勝ち負けには関係ありません。
・結局はどうやって波に乗るかなんですよね。とにかく上でも下でもいい。動く方向に流れて乗っていけばいいんです。
・まだまだ浅かった。自分のなかの尺度でこれでいいんだと思っていたから、それ以上に進めなかったんだと思います。
・15分足なら結構テクニカルが上手に効くんですけど。僕の感覚では5分足や1分足ではテクニカルがあまり効かないんですよね。何かあったらすぐ崩れちゃうんで。
・上のチャートは一見不規則に見える値動きも、トレンドラインやサポートラインを引くことで、手に取るように先が読めるという典型的な例です。
・イメージができていない人って儲からないと思いますね。
・プロとしてトレードしている以上、1円でも1銭でも損失を出したら、その時点で仕事ではなくなってしまいますから。
・いろんなトレード手法があるなかで一つを追求するほうが一番近道じゃないかと思うんです。
・私も大きな勝ち目は目標にしないで、負けないということだけを考えてトレードしています。小さな利益でもいいんです。
・勝てるトレーダーには必ず自分の勝ちパターンがあります。それはやはり目で覚えているんです。考えるまでもなく、チャートをひと目見ただけで、これはイケるという感覚があるんですね。
・欲はあった方がいいです。欲がないと行動が止まっちゃいますから。
・ショートの場合、戻り売りが多く、15分足の20EMAまで戻して60分足の20EMAまで戻さずに落ちてしまうことが多いので、そっちのほうが指値にヒットする確率が高いんですよ。
・やっぱり儲けている人って、マーケットが好き、チャートが好き、それから、ものすごい研究熱心です。
・FXで利益が出る確率は2分の1。予測が正しくなくても利益が出たり、その逆もあるからです。
・まず先に1億円をいつまでに稼ぐ、というところから決めるんです。
・時間目標がない1億円ってたぶん達成できないですから。
・毎日のように(最終目標を達成するために必要な)小さな目標設定を行い、それを達成するための方法を書き出しています。
・勝っても負けても検証しない人間は絶対うまくいかないですから。
・今までなかなか触れていなかったラインがあって、そこに初めて触れるときっていうのは、たいがい跳ね返されます。
・各通貨での月足、週足、日足、4時間足を見て、自分なりにポイントになる価格帯、ここがレジスタンスラインになりそうだとか、ここがブレイクしそうだとか、そういったものを逐一見ています。
・マーケットインする前には、徹底した準備を怠らない。そしてチャンスが来るまで辛抱強く待つ。
・市場のはじまりの時間帯で一方向に流れが発生したとき、スキャルピングで取りやすいので。
・儲かっていない人の問題点は研究、検証の量が少ないこと。
・本当に目標を達成する人というのは、地道にやらなきゃいけないことを必ず毎日できる人なんです。
・儲かっているから楽しいのではなく、実は”楽しくトレードしているから儲かっている”と言った方が正しいのです。
・大事なことはみな勝つと信じて疑っていないことです。「もしかしたら勝てないかも」「負けるかも」と思ったり口に出したりしながらトレードしている読者がいたら、すぐFXはやめるべきです。
・相場でも”歴史は繰り返す”ものですが、一見似ているようでも残念ながらまったく同一のものは存在しません。
・したがって、たくさん検証した者の勝ちなのです。


posted by アキちゃん at 11:15| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読んだFX本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月16日

トレーディングエッジ入門

この本は、プロのトレーダーで、トレーディングエッジとリスクマネジメントが専門の金融コンサルタントである、ボー・ヨーダーさんが書きました。

エッジとは優位性ともいいますが、トレードをするにあたり、マーケットのひずみを利用して、勝つ確率が高くなることをいいます。

この本では、勝率と利益損失比の影響や、ギャンブルにおけるエッジとトレードのエッジの違い、また、逆バリを利用した高利益損失比のトレード手法、トレード計画の立て方を学ぶことができます。

トレード経験のある方で、ある程度ルールがあり、ルール通りに売買ができている方には、この本を読んだらパフォーマンスを上げるためのヒントが沢山あると思います。





書名  :トレーディングエッジ入門
著者  :ボー・ヨーダー
出版社 :パンローリング
読む目的:エッジを高める。
ページ数:225
所要期間:3日

『心に響いた言葉/文面は本文より引用・編集』
・神がサイコロの目を決めているのではないことが分かれば、プレーした結果を観察し理解することで、ゲームのルールに基づいて結果を正確に予想することができるようになる。
・サイコロには6つの面があるため、5の目が出る確率は6回に1回と言うこともできる。ただ、この統計的確率は絶対でも、6回投げて必ずそのうちの1回が5になる確率はそう大きくない。結局、6分の1の確率で5がでると自信をもって言えるのは、サンプル数が十分に大きい場合のみなのである。
・この「人間性」の要素が加わることで、数学的に導き出したエッジと実際の経験には驚くほど大きな違いが出てくる。
・MPO(最低利益目標)=(100-勝率)÷勝率 。MPOの利益損失比があれば、その勝率でトントンになる。
・迷えるトレーダーの難局から逃れるためには、メンターか強力な学習体験というきっかけが必要だ。
・「糸口をつかむ」という経験をすると、すべての答えは自分の内面にあるということに気づき、マーケットという素晴らしくて貴重な花が目の前で開き始める。
・【大衆は常に間違っていて、マーケットは必ず現在のコンセンサスとは逆の方向に動く】。この概念を絶対的真実として習得する時期が早いほど、大多数の思考(たいていは負ける)から少数の思考(たいていは勝つ)へと転換する時期も早まる。
・そしてこのような行動は、反転した足の高値と安値のすぐ上に、「流動性プール」を作りだす。マーケットは、流動性が高いエリアを探す傾向がある。
・買い注文の流動性プールが満たされると、マーケットは最も抵抗の少ないところを通って次に近い流動性プールへと向かっていく。
・押しのパターンの多くは新高値を更新するためのブレイクアウトポイントのすぐ上に、次の流動性プールがある。
・逆バリトレーダーのセットアップは、期待ではない。人間の痛みを避けようとする心理という明確な知識に基づいている。
・従来のトレードテクニックとテクニカル分析について、できるだけ学んでおいてほしい。そしてその知識を、チャート上で本当に起こっていることを、まだ理解できていないマーケット参加さの逆を行くために使ってほしい。
・高リスク・リワード・レシオのトレードがポートフォリオにもたらす収益力については、いくら強調してもし足りない。
・ほとんどのトレーダーは勝率を上げることに膨大な時間と労力を費やしているが、その代わり、平均リスク・リワード・レシオを上げる方法を探す方が、はるかに役立つだろう。
・マーケットは「不快な」セットアップのなかでトレードできる者だけに利益を与えるのだと筆者は確信している。
・自分が学んだことを信じ、それを確認すれば、自分のエッジとトレード計画に信念という力が加わる。
・トレード過程に集中していれば、あとはエッジの数字どおりの結果がでる。
posted by アキちゃん at 07:47| 兵庫 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 読んだFX本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月15日

マンガ投資の心理学

この本は、ヘッジファンドの運用などを手掛ける青木俊郎さんの原作を、麻生はじめさんがマンガにしたものです。

マンガなので、とっても読みやすいのですが、
内容は結構深く、相場の真理を上手くついているような気がしました。

投資系の本は難しいものが多く、初心者には勧めにくいのが多いのですが、これなら誰でも読めそうです。





書名  :マンガ投資の心理学
原作  :青木俊郎
作画  :麻生はじめ
出版社 :パンローリング
読む目的:自分の心理を見つめ直す
ページ数:152
所要期間:2時間
posted by アキちゃん at 20:33| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読んだFX本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月14日

伝説のディーラー

この本は、実在するスーパーディーラーのチャーリー中山氏をモデルにして、ディーラーとして様々な苦難にあいながらも、プロ中のプロに成長していく姿を描いた小説です。

この本を読むと、ディーラーの世界がどういう雰囲気かがよくわかります。小説としても面白いので、あっという間に読めました。

テクニカルな話はありませんが、時折、相場の本質をついたような発言がでてきて参考になりました。

為替ディーラーの世界をかいまみたい人にお勧めです。





書名  :伝説のディーラー
著者  :大下英治
出版社 :徳間書店
読む目的:伝説のディーラーの特性をつかむ
ページ数:394
所要期間:2日

『心に響いた言葉/文面は本文より引用・編集』
・一流の相場師は、嘘をつかない。一輝がいうところの「鼻クソ」、つまり悪いスカばかり掴んでいるディーラーにかぎって、見栄を張りたがる。
・相場は、大きく動く前に、次の動きを察して突っ込むのが勝ちである。
・一輝は、勝負の要諦は、動きを客観的に見て、動きに逆らわないことだと思っている。
・相場は、若いときからはじまり、成熟期を通り、最後にクライマックスを迎える。
・勝負の道を極めに極めた奥にあるものは、結局、運でしかない。
・バーレーンの為替市場こそ世界で唯一、日曜日にも取引がおこなわれている市場である。
・ドルのトレンドが下に向いているから、ショートしつづけている。
・今月は、もう今日までの一週間で、目標の儲け額は達成したんだ。これからやって損するより、休むんだ。
・彼は、ドルが上がると思ったら、納得がいくまで買い場を探す。でも、ちょっとでもおかしいと思ったら、何もしない。だから負けない。
posted by アキちゃん at 08:54| 兵庫 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 読んだFX本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月13日

7月12日FXサークルSurge活動報告/FXセミナー「トレード虎の巻」〜負けている人に今、伝えておきたいトレードの鉄則

昨日はFXサークルでした。

約3か月ぶりの開催でしたが、いい感じに盛り上がりました☆
やっぱりサークルやると楽しいですね〜。

http://fxsurge.seesaa.net/


≪活動報告≫
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

FXサークルSurgeでは、勝ち組トレーダーのロジャーズ@山野さんを講師として、

「トレード虎の巻」〜負けている人に今、伝えておきたいトレードの鉄則〜

をテーマにセミナーを行いました。

セミナーでは、前半では、損切りや資金管理の方法、トレンドの利用方法について説明がありました。

後半では、投資パターン発見ゲーム、感情コントロールの方法について、お話しがありました。

特に投資パターン発見ゲームは非常に盛り上がり、投資が未経験の方でも、トレード時の心理の揺れを体感することができました。


セミナー後、皆さんそれぞれ気づきがあったようで、今後が楽しみです!

サークルに参加された方すべてが望み通りの利益があげられるようになるといいですね☆


では、ここで、参加者の声を紹介します。(公開の了承を得られたもののみ)

Q.今日のセミナーでのあなたの気づきは何ですか?

・色々な情報があるが、人に説明できる根拠があるものだけを使用すること、感情コントロールの重要性を改めて実感しました(久田雄一郎さん)。

・LCの大切さ(emiさん)。

・自分のコントロール(emiさん)。

・やはりルールは大事だと思いました(naoさん)。

・ロジャーズ山野先生のレクチャーは原則論としてよく理解できた(anshinさん)。

・トレンドと取引履歴など、知識としては知っている内容であったが、普段トレードしている中で忘れがちな内容について整理がついて良かった(M.N.さん)。

・自分のコントロール(トレーダーIさん)。

・自分の失敗がありがちな行動パターンに当てはまっていたこと。

・損をした時、感情的になり自分の都合に合わせて(損した分を取り戻そうとして)エントリーしていた。資金管理が甘い(F.U.さん)。

・基本を確認できた。

・リスク確定とルール化と感情を楽しむ!!

・実際に投資をしたことがないので、誰もがはまる落とし穴の実感がなく、「そういうものかな・・・」という感じだったのですが、投資パターン発見ゲームで、すっかりはまってしまいました。肝に命じます。



Q.このセミナーを受けて、48時間以内にあなたはどんな行動を起こしますか?

・セミナーで学んだことをまとめて、自分のルールを作る(久田雄一郎さん)。

・チャートの確認(emiさん)。

・目標や、やってはいけない事などを紙に書いて見える所に貼る(emiさん)。

・取引履歴の検証(naoさん)。

・取引ルールの再検討、エントリールールの絞り込み(anshinさん)。

・トレンドの確認をし、今週の取引にいかしたいと思います(M.N.さん)。

・エントリーポイントの設定(トレーダーIさん)。

・取引ルール、目的を紙に書く。

・来週の相場展開を自分なりに分析する(F.U.さん)。

・ルールを確認して、取引履歴を整理して確認したい。

・リスクのルール化。

・口座を開きます。


「今後のサークル活動予定」

・FX座談会・意見情報交換会

7月26日(日)  「私のオススメ情報商材」
(神戸・六甲道)  


詳細、お申し込みはサークルHPからお願いします。
⇒ http://fxsurge.seesaa.net/
posted by アキちゃん at 18:04| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月12日

FX先生

この本は、ロンドンでヘッジファンドのマネージャーとして活動した後、日本に戻りFXスクールを立ち上げた杉田 勝さんが書きました。

最近出たFX本ですが、多くの勝ち組トレーダーのブロガーさんが絶賛していました。

読んでみて、えらい完成度の高い本だな〜、という印象でした。
トレードするために必要なことが、テクニックだけでなく、
資金管理やメンタル面からも理論的に記載されており、
FX初心者にも、経験者にも有益な本だと思います。

特にメンタルのところで潜在意識を活用した
アプローチをとられているのが素敵でした☆


この本は、ひまわり証券に口座開設すると、無料でプレゼントしてもらえます。
http://tinyurl.com/mpppnp





書名  :FX先生
著者  :杉田 勝
出版社 :扶桑社
読む目的:人生を変える。
ページ数:207
所要期間:2日

『心に響いた言葉/文面は本文より引用・編集』
・要はトレードで収入を得て、その資金を管理し、着実に増やしていれば、「オレはプロだ!」と胸を張っていいのです。
・相場には結局、縦軸(価格)と横軸(時間)の二つの要素しかない。これさえわかれば相場に勝つのは簡単だ。
・何かを得たいと思ったら、まず自らを投げ出すことが必要です。
・FXに”必勝法”は存在しませんが、しかし、”万能な型”は存在します。
・成立した取引すべての記録がチャートであり、チャートがどう動くのかを予測するのがテクニカル分析です。
・高値とは「売り手が買い手を凌駕したレート」
・私が不安を覚えず安心して買えるのは、壁にぶつかって、壁を突破した時です。その壁が強ければ強いほど安心できます。
・サポートやレジスタンスラインはラインぴったりのところで跳ね返すのではなく、少しバッファをもって働くことが多々あります。
・テクニカル分析において、もっとも優先されるのは、相場が今どの状態にあるのかを診断することです。
・私たちがチャートを見た時にまず判断すべきなのは、「トレンドが発生しているか否か」という一点です。
・スウィングのピークとボトムによって、トレンドが判断できるのであれば、相場の転換点を知りたい私たちが引くべきは、「スウィングのピークとボトムを通るライン」ということになります。
・チャートではいくつかのトレンドが発生していますが、EMAはトレンドの変化に敏感に反応して、いち早く傾きを変えています。これがEMAの本質なのです。
・20EMAをまたいでいるときトレードしてはならない。
・ダイバージェンスの使い方としては、新規ポジションのエントリーではなく、既存ポジションの手じまい、つまり、利益確定のサインとして使うのが正解となります。
・私たちはチャートを分析するための武器をもう準備していますから、見るチャートが多ければ、それだけトレードチャンスに恵まれる可能性があります。
・私が薦めるのは日足と4時間足、1時間足と15分足、15分足と5分足といった組み合わせです。
・ローソク足は確定した足であっても、この「動的」な見方を意識しなければなりません。
・上昇トレンドの途中にでた長い上ヒゲはトレンド転換のシグナルです。順調に高値をつけていったにもかかわらず、レジスタンスや節目に当たり、跳ね返されて戻ってきたイメージを持つといいでしょう。
・フィボナッチは非常に愛好者が多く、世界のトレーダーがフィボナッチのポイントに注目してストップやリミットを置いています。
・「何かに秀でるためには、人生のどこかで浸食を忘れて練習する」というのは真理ではないかと思います。
・その結果わかったのは、「どんなデータにもサイクルが存在する」ということでした。
・アップトレンドなのに突如、天井圏が早めに終わったような場合、トレンド転換の可能性があるのです。
・底値圏が終了したのが確認されるのは前の天井圏の高値を上に破った場合のみです。
・サイクルはあくまで転換のタイミングを予測するツールですから、どこまで上下するかはわかりません。違うテクニカル分析でターゲットを設定する必要があります。
・リミットやストップは、エントリーポイントの一つ上、一つ下にあるサポートラインやレジスタンスラインにあります。
・エントリーするときはトレードストーリーに基づいて必ずリミットとストップを注文しておきます。
・もっと続くと思ったトレンドがどうやら中折れしそうだ。こんな時は最初のリミットにこだわらず、成り行きで利益を確定してもかまいません。
・目標と、目標を達成するためのプロセスを描くことなくトレードすると(多くの負けているトレーダーは考えていません)、「できるだけたくさん稼ぎたい」という曖昧な動機でトレードすることになります。そういったトレードは、絶対にうまくいきません。
・@理想を叶えるための金額。
・A理想に向かってやるべきこと。
・B理想のために日々できること。
・ただ漠然と勝ちたいと願うのではなく、何のために勝ちたいのかを明確にすることは非常に大切なのです。
・「自分が本当に叶えたい」と願っていることを理想にするからこそ、「理想設定」には意味があるのです。
posted by アキちゃん at 07:29| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読んだFX本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月11日

来週の為替相場展望

アキちゃんです。こんにちは!

先週は、G8サミットの最中、
大幅に円高が進みましたね。

ドル円は94円台の支持線を割れたと思ったら、
あっという間に91円台までいきました。

来週ですが、いったん戻りを入れた後、
さらに円高を試すのではないかと考えています。

1月から4月までの上昇の61.8%押しレベルを
金曜に終値で割りこんでいるため、
次は90円、87円といったところがターゲットになります。

USDJPYは過去の支持線が抵抗線となり、
93.5円程度が壁になるのかな〜と思います。

来週もFXを楽しみましょう!



続きを読む
posted by アキちゃん at 19:17| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年以前の為替展望記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月10日

セミナーに参加して隣の人に話しかける

先日、人脈のレバレッジを活かしましょうというお話しをしました。

http://salarymanfpfx.seesaa.net/category/6715807-1.html

今日は、≪セミナーに参加して隣の人に話しかける≫についてお話しします。

FX会社や個人が主催するFXセミナーが沢山開催されています。
FXを学ぶには参加するのはいい方法の一つです。

そこでさらに効果を高めるために、
ぜひ、セミナーでお隣の人に話しかける、
というのを実践してみてはいかがでしょうか。

同じセミナーに参加する、
ということは、同じテーマに興味があり、
学び続けている人、ということになります。

そういう方の中には、同じ境遇の人であったり、
すでにトレードで成功していて、さらに学びを深めようと
している人がいます。

一つの出会いが、人生を変えることはよくあります。

隣に座るというとこは、何かのご縁と考えることもできます。

勇気を出して、隣の人に話しかけてみてください。
何かが変わるかもしれませんよ。



続きを読む
posted by アキちゃん at 08:22| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 人脈のレバレッジを活かす | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月09日

ひとに聞く

先日、人脈のレバレッジを活かしましょうというお話しをしました。

http://salarymanfpfx.seesaa.net/category/6715807-1.html

今日は、≪人に聞く≫ことについてお話しします。


何事をするにもそうですが、いきなり始める人は少ないと思います。
車を運転したいなら、教習所に行くし、
成績を上げたいなら、塾に行きますよね。

つまり、一から一人で勉強するよりも、その分野で、既に成功している人から、成功する方法を聞いた方が早い、ということです。

人に聞き、その教えを守る。まずはそこから初めてはいかがでしょうか?



続きを読む
posted by アキちゃん at 09:26| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 人脈のレバレッジを活かす | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月08日

円高ですね。

今週に入り円高がすすんでいますね。

風邪でボーッとしている間にレートがかなり変わってます。

このまま昨年のような調整相場になるのかな〜なんて思いながら見ています。

先月に売ったクロス円がどこまで伸びるか楽しみですね☆



続きを読む
posted by アキちゃん at 18:27| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。