2009年08月11日

FXの小鬼たち

この本は、FXCMのチーフ通貨ストラテジストのキャシー・リーエンさんと、シニア通貨ストラテジストのボリス・シュロスバーグさんが書きました。

欧米の勝ち組の個人投資家たちへのインタビュー集です。
アメリカだけでなく、香港や南アフリカのトレーダーも含まれています。
全員がFXトレーダーではなく、半分くらいは先物やオプショントレーダーでした。

読んでみて、マーケットの魔術師よりも、より戦略的に具体的なインタビューになっていて、ヒントになるところが多かったように思います。

FXをしばらく経験してから読むと気づきが得られると思います。




書名  :FXの小鬼たち
著者  :キャシー・リーエン、ボリス・シュロスバーグ
出版社 :パンローリング
読む目的:勝ち組トレーダーのマインドからヒントを得る。
ページ数:320
所要期間:5日

『心に響いた言葉/文面は本文より引用・編集』
・チャートを見てまだまだ大丈夫だと思ったので、モメンタムが衰え始めるまでもち続けました。
・一週間も下がり続けているのを買うわけではありません。一日単位の暴落です。それも極端な暴落で、底打ちのヒントになる動きがあります。
・極度の恐怖状態で買い、それから恐怖が底を打つポイントがあり、それあら多少楽観的になったところで退出します。
・連敗する理由の一つは、相場と「息が合っていない」ということです。
・トレードで生計を立てている人がいることは知っていましたから、その人たちに可能なら、自分もその方法を見つけるまで頑張り通せるはずだと。
・実際問題、金利差に追いつく傾向があることは歴史的な事実ですから、通貨の動向を予測するための長期的ファンダメンタルなツールがあるとすれば、それは各国通貨間の金利差であることには間違いないでしょう。
・どこかのトレーダーとどちらが稼げるか勝負しているわけではなく、自分の家族を支えるために十分なお金を稼ぐために勝負しているのですから。
・少しずつでも資金を増やすことができれば、短期的には大した額に思えなくても、長期的には大きな利益になる。
・大半の時間は自分がやっていることが想定している統計的基準内に収まっているかどうかの検証に費やしています。
・一回のトレードは、それまでやった1000回のトレードの一つでしかなく、これからやる1000回のトレードの一つでしかないわけです。
・同じ状況が何度も何度も現れ、腕のいいトレーダーでもほとんどが得意技は一つか二つで、同じことを何度も繰り返しています。
・間違った判断をしたことで自分のお金をすぐに失う職業は、世界でトレーディングだけだ。
・セットアップが現われたら知らせるようにアラートを設定してあります。アラートが鳴ったらすぐにトレードに入り、目標値とストップロスを設定したら、あとは忘れています。
・通貨ペアはそれぞれユニークだと思っています。
・アベレージアップはリスクを下げることができる。リスクに賭けるのが資金ではなく利益だからだ。
・通常はニュースのあとでポジションをとります。
・相場が一定方向へ動くのを待ち、押しを見て、それが転換でないことを確認し、その押しで入るのが普通です。
・パソコン、最高のインターネット接続は自分でコントロールできることだし、コントロールできるものなら、最高のものがほしいからです。
・自分の方向に動いていて、自分のプランが機能しているなら、下げたピップス分を利用して、利益を得やすいようにしない手はありません。
・一般的にコントラリアンと呼ばれるそれらトレーダーは、相場の動きが極まり、センチメントが一方に大きく偏ったとき、市場一般の見方とは反対のポジションをとって相場に入る。
・最も危険かつもっとも心動くトレード法のひとつは、誰が見てもトレードが明白になった段階で飛び乗ることだ。
・でもやり続けていくうちに少しずつ分かってきました。個々の銘柄に対する理解が深まっていったと思います。
・トレーディングで成功するには、特定の分野で専門性を確立する必要がある。
・専門化とは銘柄を絞り、その値動きを注意しすることだ。
・20ポイント逆に動いたら、トレードの分析が間違っていたので手仕舞いする必要がある。
・常に両サイドのプランを持つことが大切です。
・やるなら、真剣に努力することです。自分自身を高いレベルまで、無限のレベルまでトレーダーにすることです。そうすれば、成功できると思います。
・ストップに引っかかる理由は二つしかない。トレーダーがそもそも相場と息が合っていないか、相場環境が激変したためにトレーダーの分析が外れたかのいずれかだ。
・天井をつかむ方が得意ということですが、主にロング用のツールである移動平均線とローソク足を使っていますね。
・MACDがモメンタム指標で、ダイバージェンスを値動き反転の手掛かりにつかっているわけですか?
・上と下に短いヒゲが出ている中サイズのローソク足を探します。絶好ですね。
・そしてそのローソク足の内側、つまりローソク足の実態の内側に注文を置き、実体の三〜五ティック上にストップを置きます。
・特に短期の戦略やブレイクアウトに依存する戦略の場合、フォワードテストをしてみると結果が変わってしまうことが多い。
・バックテストとフォワードテストの両方で利益が出た場合にだけ、その戦略をもっと大きな、意味のあるトレードサイズで実践に移すべきだ。
・大人であるわれわれの性格は基本的に変えることができない。
・特定のトレーディングスタイルに合わせて自分の性格を根本的に変えることは極めて困難だ。
・例えばナスダック市場では、ダイレクト・アクセス・ブローカーと契約すれば、一般投資家でもレベルU注文画面を介してマーケットメーカーのようにビッドで買い、オファーで売ることができるようです。
・最も強いものが生き残るわけではない。最も知能の高いものが生き残るわけでもない。最も変化に適応できるものが生き残るのだ。


posted by アキちゃん at 07:47| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読んだFX本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月10日

規律

先日、魔術師たちの金言集42か条を紹介させていただきました。

http://salarymanfpfx.seesaa.net/article/124361049.html


今日は、≪規律≫についてです。


魔術師たちの多くが、頻繁に使っていたのが、規律という言葉です。

それは、実に申し訳なさそうな感じで、
「100万回も聞いたでしょうが、本当なのです。実に重要なのです。」
という感じで話される言葉でした。

規律が重要である理由は二つあります。

第一に、
効果的なリスク管理を続けるために不可欠であること

第二に、
ためらいなく自分の取引手法を実行し、
どのトレードを行うべきかに疑問を抱いたり、
トレードを選択しないためには規律が必要です。

トレードを選択すると何がいけないか?というと、
そんなときは、ほとんど必ず間違っているトレードを
選んでしまうからです。

それは、楽なトレードを選ぶことになり、
ウィリアム・エックハートが言うように、
「快適なものは、しばしば良くない結果をもたらす」
ことになります。



続きを読む
posted by アキちゃん at 08:54| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 魔術師たちの金言集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月09日

トレード戦略

先日、魔術師たちの金言集42か条を紹介させていただきました。

http://salarymanfpfx.seesaa.net/article/124361049.html


今日は、≪トレード戦略≫についてです。


トレード戦略なしにマーケットで勝とうとすることは、青写真なしに家を建てようとするのと同じです。カネのかかる、そして避けることができる間違いが発生するのは当然です。

トレード戦略には、自分の取引手法に、明確な資金管理と、トレードを執行するためのルールを組み合わせることが必要です。

魔術師の一人は、トレードに戦略がないことはトレーダーがマーケットで陥るすべての重大な困難の根源だと述べています。

他の魔術師は、トレード戦略は、個人の核となる哲学を反映していなければならない、と力説しています。核となる哲学がなければ、ポジションを維持できないであろうし、本当に苦しいとき、忠実にトレード戦略を遂行できないのです。



続きを読む
posted by アキちゃん at 08:11| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 魔術師たちの金言集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月08日

来週の為替相場展望

アキちゃんです。こんにちは!

先週は、円安が進みましたね。
米雇用統計がポジティブサプライズになったようです。

96円台になかなか乗せられない展開が続いていましたが、
一気にレンジブレイクし、97円台半ばまでいってしまいました。

来週のUSDJPYは、一旦円高方向に押し目をつけた後、
再び円安方向を試すと考えています。

99円に抵抗線があるので、そこまではすんなりいくかもしれませんね。

来週もFXを楽しみましょう!



続きを読む
posted by アキちゃん at 07:30| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年以前の為替展望記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月07日

魔術師たちの心理学

この本は、トレーダーや投資家のコンサルタントとして、数々のスーパートレーダーを育て上げた、バン・K・タープさんが書きました。

この本を読むのは2回目になります。

約1年ぶりですが、なんとなく、今読んだ方がいい気がしました。

システムの利益の評価は、「期待値×取引機会の関数」である、というのを再認識できました。

まだまだ学ぶところは多いなと思います。

ちなみにこの本は難解なので、FX初心者のかたは読まれない方がいいと思います。

私が以前読んだ時の感想です。
http://kigyo-obenkyo.seesaa.net/article/96096962.html




書名  :魔術師たちの心理学
著者  :バン・K・タープ
出版社 :パンローリング
読む目的:理解を深める
ページ数:417
所要期間:5日

『心に響いた言葉/文面は本文より引用・編集』
・他人のアドバイスどおりにして儲け続けている人というのをわたしはあまり知らない。
・聖杯探究の秘密のひとつは、独自性をもってわが道をいくことと言える−そしてまさに自分にぴったりのものを見つけることだ。
・相場の分布は、通常のランダムな分布からは予測もつかないような極端な動きを示すことがある。
・目標はシステムにとって何より大事である。何をしたいのかがわからなければ、どうやってシステムを作れるというのだろうか。
・目標に時間をかけずして、自分に「適した」システムは作れないことをだれも理解していない。
・どの程度のリターンを目指すのか。そのために、いくらの損失なら良しとするのか。それが聖杯を見つけるための本当のカギなのである。
・ドローダウンが15%を超えたり、1年以上も続くと致命的です。大勢の顧客からクビを宣告されるでしょう。
・私はトレンドが変わったときに仕掛けます。まさにその瞬間、つまりトレンドが変わる時の利益対リスク率が最も良いのです。
・ランダムに仕掛けても、信頼性は50%程度(一般的に45〜55%)あるべきだ。何らかの売買概念がって、それがランダムに仕掛けるより優れていれば、特に1〜5日の時間でみると、信頼性は55%を超えるだろう。
・仕掛けるとき、何を達成したいのかを考えてみよう。
・こうした短期間での異常に大きい価格変動があることでトレンドフォローが機能するようになる。
・ファンダメンタル分析は、将来の価格変動についての方向と大まかな規模しか教えてくれないのである。いつ価格変動が始まり、あるいは正確に価格がいくらまでに達するかについてはめったに教えてはくれない。
・繰り返される現象が登場すると、繰り返されるトレンドを予測し、仕掛け、そして補足し、トレンドが実現されると手仕舞う。
・期待値=(PW×AW)−(PL×AL)
※PWは勝つ確率を意味し、PLは負けの確率である。AWは平均利益で、ALは平均損失だ。
・システムの価値を決めるのは勝率ではなく、1ドル当たりいくら儲かるかなのだ。
・期待値とは、ゲームを繰り返した結果1ドルにつきいくら儲かるかである。たくさんゲームをするほど期待値を達成できる見込みが高まる。
・合計利益が約1万ドルだから、それは1回の売買、つまり14256ドルの儲けを出した売買のおかげである。
・ランダムエントリーを上回る仕掛けのテクニックはほとんどない。
・マーケットがトレーディングレンジの最高値付近で引けるならば、翌日の寄り付きが高くなる可能性が大きいということだ。
・調査したところによると、現在のマーケットでは40日および100日強いの間でのブレイクアウトは比較的よく的中するようである。
・トレンド上に特定のパターンを探すよりも、主要トレンドの方向にそのまま仕掛けるほうがよい。
・ADXが上昇するかぎり、ADXのレベルが15以上であればトレンドを示す。
・ADXが2日間で4ポイント以上の上昇を見せたとき、そのマーケットの方向に参入する。
・ADXが過去10日間の最高値をつけたときに仕掛ける。
・マーケットとは、反対に行き過ぎてストップ注文を成立させてしまってからトレンドの方向を静かにもとに戻すものである。
・良い取引はわれわれのもくろみから大幅にはずれることはめったにないのである。
・マーケット価格は正規分布をしておらず右側に偏っているため、この誤差を勘案して標準偏差を修正する必要がある。
・多くのトレーダーや投資家は、持っているポジションが早い時期に思い通りの方向に行かないのであれば、将来もうまくいかないだろうと言っている。
・利益の出た年に、どれくらいの損失を最大で出したのだろうか。
・単純さは、最適化ではなく理解に基づくゆえにうまく機能する。
・このシステムでどのくらいの頻度で取引することができ、またこうした結果に満足するのだろうかという問題である。
・利益がいかに「期待値×取引機会の関数」であるかを、あなたは理解し始めているだろうか。
・あなたのシステムにおいて高い期待値が見られる場合、自分の資金を比較的安全により高い率のリスクにさらすことができると思われる。
・ポジションサイジングは基本的に、信頼度、リワード・リスク・レシオ、および機会の次元に、第4番目の次元を付加する。
・彼らはそのシステムを注意して設計するが、一生に一度くらいは、破産に追い込まれるかもしれない極端な価格変動に直面する可能性があるのだ。
・正確なことは何もないのである。
・損をする4半期、あるいは損をする月を決して持たないようにするには、多くの取引機会に出会う必要があるわけだ。
・自分のルールに従ったか?答えが「はい」ならば背中をたたきなさい。自分のルールに従い、損失を出した場合、背中を2回たたきなさい。
・彼らは常に過ちを正そうと自分自身に注意を向けている。
・読者は市場についての自己の信念をトレードできるだけである。
posted by アキちゃん at 09:15| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 読んだFX本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月06日

資産とリスクの管理

先日、魔術師たちの金言集42か条を紹介させていただきました。

http://salarymanfpfx.seesaa.net/article/124361049.html


今日は、≪資産とリスクの管理≫についてです。

魔術師たちのほとんどすべては、取引手法よりも資産管理の方が重要だと感じています。

また、リスク管理の欠如した戦略のために、破滅に追いやられたケースもあります。


リスク管理は次の3段階で示すような簡単なもので十分です。

@すべてのトレードで、自分の資金の1〜2%を超えるリスクをとらない。(アプローチによっては、最大で5%まで)

Aトレードを執行する前に、手仕舞うポイントを決めておく。

Bもし資金から事前に決めた金額(たとえば、10〜20%)を負けたら、一息入れて、何が悪かったかを分析し、自信を感じるまで待ち、再びトレードを始める前に、勝つ確率の高いトレード・アイデアを用意すること。休むかわりに、トレードサイズを小さくするのもよい。負けが続いているとき極端にトレードのサイズを小さく切り詰める戦略については、魔術師たちの多くが触れていた。



続きを読む
posted by アキちゃん at 08:33| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 魔術師たちの金言集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月05日

良いトレードに労力はいらない

先日、魔術師たちの金言集42か条を紹介させていただきました。

http://salarymanfpfx.seesaa.net/article/124361049.html


今日は、≪良いトレードに労力はいらない≫についてです。


良いトレーダーになるには並はずれた努力が必要ですが、良いトレードは労力がかかりません。

良いトレーダーになるための努力とは、調査や観察といったトレードの準備段階での努力のことです。

決してトレードの過程自体が大変な努力で満たされているべきではありません。トレードの過程に無理がなく、自然であればあるほど、成功する可能性は広がります。

例えば、プロのマラソンランナーは、長い距離と速いペースにもかかわらず、優雅に、そしてほとんど無理なく滑らかにはしることができます。

それに対し、体重が100キロを超え、いつもゴロゴロしている人は、プロよりはるかに遅いペースで、息を切らし、喘ぎ苦しんでいます。

より練習し、努力したのはどちらでしょうか?
どちらがより成功したのでしょうか?

もちろん、世界的なランナーは、事前に懸命な練習をしている訳で、トレードにおいても、この事前の努力と献身の結果、無理なく自然にトレードで利益を出すことができるようになります。



続きを読む
posted by アキちゃん at 08:34| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 魔術師たちの金言集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月04日

才能と努力

先日、魔術師たちの金言集42か条を紹介させていただきました。

http://salarymanfpfx.seesaa.net/article/124361049.html


今日は、≪才能と努力≫についてです。


優れたトレーダーの多くは特別な才能に恵まれています。

例えば、その気があって練習すれば、基本的に誰でもマラソンを完走できます。しかし、そんな努力や願望とは無関係に、ほんの一部の人しか2時間12分というタイムで走ることはできません。

一般的に、秀でた優秀さには、天性の才能とその潜在的な可能性を現実のものにするための並はずれた努力が必要なのです。

並はずれた努力でそれなりのレベルに達することはできます。しかし、秀でた優秀さを実現することはできないのです。

トレードも同様に、ほとんど誰でもが、最終的に利益を上げるトレーダーになることができます。しかし、秀でた優秀さをもったトレーダーになるために、生まれもった才能があるスーパートレーダーたちはごく僅かなのです。

したがって、勝つことのできるトレードを教育することはできるが、それもある程度までのことです。自分の目標に対して現実的でなければなりません。



posted by アキちゃん at 08:00| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 魔術師たちの金言集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月03日

取引手法を開発するのは大変なことである

先日、魔術師たちの金言集42か条を紹介させていただきました。

http://salarymanfpfx.seesaa.net/article/124361049.html


今日は、≪取引手法を開発するのは大変なことである≫についてです。

トレードでの成功に近道はまずありません。

自分に合った儲けることのできる取引手法を確立するには、何度も壁に突き当たることや幾多の失敗を覚悟しなければいけません。

どうして簡単に勝つことができるのでしょうか?

もしそうなら、億万長者のトレーダーがもっとたくさんいるはずです。

簡単に儲ける方法はありません。

ただ、努力をすれば儲ける方法を見つけることはできます。



続きを読む
posted by アキちゃん at 08:55| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 魔術師たちの金言集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月02日

取引手法を確立せよ

先日、魔術師たちの金言集42か条を紹介させていただきました。

http://salarymanfpfx.seesaa.net/article/124361049.html


今日は、≪取引手法を確立せよ≫についてです。

自分が相場に対して有利であるためには、取引手法を持たなければなりません。

その手法自体は、テクニカルでもファンダメンタルでも、なんでもかまいません。テクニカルだけでも、ローソク足分析や波動理論など、様々な手法が存在します。

どの手法をつかっているかは重要ではありません。

しかし、

どれか手法をもつことは必要です。

そして、その手法は、確率的に、相場に対して有利でなければなりません。



続きを読む
posted by アキちゃん at 08:22| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 魔術師たちの金言集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。