2010年02月22日

超カンタンアメリカ最強のFX理論

この本は、アメリカで成功したFXトレーダーでFXコーチのロブ・ブッカーさんと、その弟子のブラッドリー・フリードさんが書きました。

最近ちまたで人気のお二人です。
この本も売れてるみたいです。

この本では、著者の独自の手法の説明と、
トレードの心構え的なことが書かれていました。

手法は、他の本では出てこない内容が多いので
一度読んでおくといいかもしれません。

いろんな人がいますね〜という感じです。





書名  :超カンタンアメリカ最強のFX理論
著者  :ロブ・ブッカー、ブラッドリー・フリード
出版社 :扶桑社
読む目的:スキルを高める。
ページ数:213
所要期間:2日

『心に響いた言葉/文面は本文より引用・編集』
・為替市場の成り立ちやFXの仕組みといった知識と「FXで勝つための知識」とは、何万光年もの隔たりがあります。
・「すぐに」「たくさんの」お金を欲したことが悪かったのでしょう。
・相場の見えざる力がどれほど強力なトレンドを発生させても、為替レートは永遠に一方向に動き続けることはありません。
・NYボックスに「トレンド方向に抜けたときだけエントリーする」と条件をひとつ加えるのです。
・エントリーのときに、ヒゲだけがボックスを抜けてもエントリーはしません。
・デモ口座で2倍にできないようなトレーダー、「デモなんて面倒くさい」と、このステップを飛ばしてしまうトレーダーは、決してライブ口座で成功することはないでしょう。
・バックテストです。
・私はひとつのトレード手法に特化して、その手法の専門家になります。
・他人に自分のすべてのトレードの意図を説明できるようにしておくこと。


posted by アキちゃん at 16:20| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 読んだFX本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。