2009年04月22日

FXの税制について

FXの税制ですが、取引の形態により大きく2つにわかれます。

≪店頭取引≫と、
http://salarymanfpfx.seesaa.net/article/117793153.html

≪取引所取引≫
http://salarymanfpfx.seesaa.net/article/117843615.html

です。


どちらも税区分は雑所得になりるのですが、

≪店頭取引≫は、【総合課税】となり、
給料や不動産所得などと合算され、所得により所得税と住民税を合わせて、所得の最高50%が税金として徴収されます。

一般的な会社員なら、20〜30%になることが多いようです。


≪取引所取引≫は、【申告分離課税】となり、
給料などとは別に計算され、所得にかかわらず、所得税と住民税を合わせて、一律所得の20%が税金として徴収されます。

≪取引所取引≫は、他にも
●先物などと損益通算できる。
●3年間の損失繰越ができる。

点が税制面で優遇されています。





posted by アキちゃん at 11:15| 兵庫 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | FXの基礎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。