2009年05月05日

流動性リスク

先日、FXのリスクは5つある、というお話しをしました。

http://salarymanfpfx.seesaa.net/article/118151876.html


今日はその中の一つ、流動性リスクについてお話します。

流動性リスクとは、売買したい時にできなかったり、値動きが急になるリスクです。取引高の少ないマイナー通貨ペア(トルコ円、ランド円、NZドル円など)では流動性リスクが高くなります。

取引高の多い米ドル関連の通貨ペア(ドル円、ユーロドルなど)で取引をすることで対処できます。

流動性リスクが高い通貨ペアだと、デイトレなど頻繁に売買する時に、注文したい値段で注文ができないと、大きな損失につながる可能性があるので注意が必要です。

また、長期のスワップ運用の時でも、マイナーすぎる新興国通貨は、取引停止になるリスクがあります。





posted by アキちゃん at 08:17| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | FXを始める前に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。