2009年05月12日

トレードごとの記録をつける

先日、資金管理には4つの項目があることをお話ししました。

http://salarymanfpfx.seesaa.net/article/118782873.html


今日は、≪トレードごとの記録をつける≫についてお話します。

あるトレードを振り返った時、
あなたはなぜエントリーしたのでしょうか?
なぜそのタイミングでエグジットしたのでしょうか?

こういった質問に答えられる方は多くはありません。


トレードごとの記録をつける目的は、トレードの売買理由と結果を明確にすることにより、反省し、改善することです。

トレードの記録をつける項目として、

●エントリー日時
●エントリー価格
●通貨ペア
●買いか売りか
●なぜエントリーしたか
●損切りポイント
●エグジット日時
●エグジット価格
●なぜエグジットしたか
●損益
●結果についてのコメント
●今後どうしたいか

といったものがあります。


初めは面倒ですが、これらを一つ一つ記録し、振り返ることにより、あなたのトレーダーとしてのレベルは飛躍的に上がります。





posted by アキちゃん at 11:37| 兵庫 | Comment(0) | TrackBack(0) | 資金を管理する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。