2009年09月17日

FXメタトレーダーで儲けるしろふくろうのスーパー投資術

この本は、有名FXブロガーのしろふくろうさんが書きました。

読むのは2回目です。

以前読んだのですが、内容を実践していなかったので、今回は実践する内容を整理する意味をこめてもう一度よみました。

チャート設定やカスタムインディケーターのダウンロードなどをして、設定は使えるようになったと思います。本で紹介されてるサイトも参考になりました。

メタトレーダーが初めてで、徐々に慣れて行きたい方にはオススメの本です。

≪前回読んだ時の感想≫
http://salarymanfpfx.seesaa.net/article/126211248.html




書名  :FXメタトレーダーで儲けるしろふくろうのスーパー投資術
著者  :しろふくろう
出版社 :日本実業出版社
読む目的:本の内容を実践する。
ページ数:221
所要期間:1日

『心に響いた言葉/文面は本文より引用・編集』
・いまになって考えると、135.14円と114.87円を結ぶレジスタンスラインを超えたときには変化の兆候がでていた。
・EMA=指数平滑移動平均線というのは、過去のすべての価格推移を計算対象としながら、直近の価格にウェーとをかけた移動平均線のこと。
・移動平均線の期間に関しては、1〜∞までとくに決まりはありませんが、一般的には3〜200のあいだで設定することが多いようです。
・COPはトレンド発生時のターゲットというより、修正波などの小幅なターゲットの際に多く出現します。
・Expansionよりも、A〜Bの2点のみで目標値を確認できるRetracementを使った方が、トレンドの最初の段階ではわかりやすいかもしれません。





posted by アキちゃん at 06:32| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読んだFX本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。