2010年07月06日

欲望と幻想の市場

この本は、伝説の相場師「ジェシー・リバモア」を描いた小説です。

リバモアは100万ドル以上を4回稼ぎ、4回破産するという激しい相場人生を送った方です。
彼の少年時代からの相場での成功や失敗を実話をもとにして描かれています。

・銘柄だけでなく、相場全体の動きをみる。
・売買しすぎて、自分が得意でない相場でも勝負して失敗した。

などの金言がいたるところにかかれています。

マーケットの魔術師にでてくるトレーダーたちも、この本をお勧めされている方が多いです。

約90年前に書かれた本ですが、現代にも通じますね。





書名  :欲望と幻想の市場
著者  :エドウィン・ルフェーブル
出版社 :東洋経済新報社
読む目的:リバモアのマインドを学ぶ
ページ数:341
所要期間:3日





posted by アキちゃん at 19:44| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読んだFX本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。