2015年08月25日

FX短期売買ロジックのポイント

FXの短期売買ロジックのポイントを書きます。

最も大事なのは時間帯による三大市場(米国、欧州、日本)を意識することです。

為替取引は世界中で24時間取引されているのですが、24時間の中でも取引高が多い地域がでてきます。各市場の中心都市が9時〜17時の間はその地域が中心となりますが、夏時間の場合以下のようになります。

東京(日本時間9時〜17時)
ロンドン(日本時間17時〜翌2時)
ニューヨーク(日本時間21時〜翌6時)

このうち、日本時間21時〜翌2時はロンドンとニューヨークの取引が活発な時間帯が重なるので、為替の取引高が多くなり、トレンドが発生しやすくなります。重要な経済指標の発表が多い時間でもあります。逆に、これ以外の時間は取引高は少ないので、動きがでないことが多くなります。

この特性を利用して、東京時間は逆バリ、ロンドンからニューヨーク時間の前半までは順バリ的なトレードをすると上手くいくことが多いようです。

私が自動売買のEAを作成する場合は、5分足のトレードで短期的な値動きを取りにいくようなロジックの場合は、プログラムでエントリー可能な時間を制御する機能を組み込むようにしています。


スポンサーリンク




posted by アキちゃん at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 自動売買あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。