2015年10月31日

ドル円の今後について

ドル円チャートを見てみました。

先週はFOMCや日銀の発表前後で乱高下しまいしたが、週で見ると大きな動きにはなりませんでした。

日足のチャートを見ると過去1年の主要な高値のラインが121円から122円にあるので、頭が抑えられているのがわかります。

現状、上辺が水平、下辺が右斜め上の三角もち合いを形成しているのではないかと思います。抜けるにはもうしばらく時間がかかりそうです。来週は週末に米雇用統計発表もあるし、レンジの中での動きになると考えています。

『過去1年の値動き/ドル円日足/FXDD-MT4より』
USDJPY日足151031.gif

過去25年の長期チャートをみると、2012年秋からの上昇トレンドは継続していますが、今年5月に過去の重要な2007年高値の124円に到達しているので、一旦調整に入っているのがわかります。これも三角形になっていますが、どちらにもなかなか抜け出しにくそうな形なので、しばらくレンジになるのではないかと思います。


『過去25年の値動き/ドル円月足/FXDD-MT4より』
USDJPY月足151031.gif


『ユーロドルについてはこちらで書いています』
http://salarymanfpfx.seesaa.net/article/428875791.html

『ユーロ円についてはこちらで書いています』
http://salarymanfpfx.seesaa.net/article/428930425.html

『日経平均についてはこちらで書いています』
http://maitsukibunpaikin.seesaa.net/article/428822568.html

『NYダウについてはこちらで書いています』
http://maitsukibunpaikin.seesaa.net/article/428876185.html

『上海総合指数についてはこちらで書いています』
http://maitsukibunpaikin.seesaa.net/article/428930917.html


スポンサーリンク




posted by アキちゃん at 14:40| Comment(0) | TrackBack(0) | チャート分析と今後の為替相場展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。