2007年06月09日

マーケットの魔術師

ひさびさの更新です。

最近バタバタしていて、セミナーをしたにもかかわらず告知もしてませんでした。久々にスワップ派についてしたのですが、なかなか好評でした。
詳しくは⇒http://fxsurge.seesaa.net/

この本はずっと読みたかったのですが、あまりにも難しそうで敬遠していました。でも、最近投資セミナーをするようになり、自分のレベルをもう一段上げる必要性を感じています。思い切って読んでみました。読んでみるとやはり難しく、2週間以上もかかってしまいましたが、得るものは大きかったと考えています。

今後のセミナー、トレードに活かします。





書名  :マーケットの魔術師
著者  :ジャック・D・シュワッガー
出版社 :パンローリング
読む目的:成功者から学ぶ
ページ数:448
所要期間:15日間

『心に響いた言葉/文面は本文より引用・編集』
・『このポジションで一稼ぎしおうと思ったけれど、うまくいっていない。だから投げるんだ』と自分を説得するんだ。
・誰もがブレークするような理由や材料が思いつかないような時に、突然ブレークしたならば、儲けられる確率は大きいと考えていい。
・もしそのストップがヒットしたのであれば、そのトレードは誤りだったという印になるようなポイントにストップを置いているわけである。
・トレードが上手くいかないときは、枚数を減らすこと。上手くいっている時には、枚数を増やすこと。コントロールできないような局面では決してトレードしないこと。
・私はトレードに対する自分の相場観が、以前の自分が述べたコメントに影響されないように心がけている。
・遊びでやっているんじゃないんだよ。勝つためにトレードするんだ。
・相場が史上最高値を付けたとき、それは何かを示唆している。最高値を付けたという事実は、何かが変わったということを教えてくれるんだ。
・ここぞという時に、アクセルを踏める神経とスキルをもっているかどうかが、普通のトレーダーと特別なトレーダーの分かれ道です。
・自分が何をしようとしているか分からない限り、何もすべきではないということをすぐに学んだ。仮に間違ったとしても、あまり傷つかないためには、コンセプトや価格を正しく把握するまでは何もしない方が良いということを学んだ。
・中央銀行が通貨の買い支えをしたら、逆バリしなさい。
・この状況で、どうやったらカネを稼げるか。
・自分の相場観はそれほど重要ではなく、相場は相場に聞くという姿勢がより重要だということを学んだ。
・トップトレーダーの信念。
@お金が全てではない。
A相場で損をしても、あまり気にしない。
Bトレードはゲームである。
C成功するには心理的なリハーサルが不可欠である。
Dトレードを行う前から勝っている。


posted by アキちゃん at 17:19| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

新賢明なる投資家 上~割安株の見つけ方とバ
Excerpt: 読んでいてこんなにも感動した本はあまりないです。前作の「賢明なる投資家」も素晴らしかったですが歴史的名著であっただけに取り上げられている事例がかなり古いものでした。しかし、この「新賢明なる投資家」では..
Weblog: みかの記録
Tracked: 2008-01-29 08:27
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。