2007年08月18日

大相場を乗り越えて

それにしても今週は凄い相場でしたね。

FXを4年近くやってますが、短期間でこんなに下げたの初めて見ました。何が起こるか分かりませんね。

今回、相場が下げ続ける中で、何点か知見が得られたのでまとめておきます。スワップ派のポートフォリオは、相場状況によっては、まだ変更する可能性があるので、後日UPします。


『スワップ派』
・5年チャートでの逆相関ペアは、急落時には効果がない。
※USDJPY買 vs NZDUSD買、AUDJPY買 vs USDCHF買 etc.

・クロス円、クロススイスに対しては、ドルクロスの売りが、急落時でも、ほぼ完全逆相関。
※AUDJPY買 vs AUDUSD売、NZDCHF買 vs NZDUSD売、GBPCHF買 vs GBPUSD売 etc.

・どうしてもスイス売りが多くなるので、スイス買(ユーロ買)ポジションもポートフォリオに入れた方がよい。
※USDCHF売、EURUSD買。ユーロドルは、スイス高の時はユーロ方向に動くことが多い。

・複数の通貨ペアを持つときは、通貨ごとの買い、売りの数をそろえると、ポートフォリオのボラティリティが小さくなる。
※AUDJPY買なら、AUD買1、JPY売1と数える。

・外貨外貨の通貨ペアについては、クロス円レートの変動により、ポジション比率を定期的(半年ごと等)に見直した方がよい。
※GBPCHFは、CHFJPYのレートが10%と高くなると、ボラティリティが10%大きくなるため。

・TRYJPY買 vs NZDJPY売が急落時でも、ほぼ完全逆相関。

・EURAUD、AUDNZDなどのマイナーペアは、逆相関になる相手がいない。


『スイングトレード』
・移動平均線による売買はかなり有効。

・ボラティリティが大きいときは、損きりを前日高値+10銭に入れ、毎日変更するトレーリングストップが有効。


posted by アキちゃん at 21:07| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

NZDCHFについて
Excerpt: NZDCHF=X Chart - Yahoo! Financenzd の主要通貨に対する値動き表にはないが、gbp は eur にほぼ同じ円が最もボラ高く、eur、gbp がボラ低い. More: ..
Weblog: 通貨ペアニュース
Tracked: 2007-08-25 16:17
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。